教区報

教区報「あけぼの」巻頭言 - だいじに・東北の記事

「忘れない 私たちの経験を無駄にしないために」2014年7月号

pray for japan 2011年3月11日の東日本大震災の発生から3年3ヵ月が過ぎました。この震災によって最愛のご親族を失われたご家族のため、また、今なお行方の分からない方々のご家族をはじめ、東京電力福島第一原子力発電所事故により故郷を追われた方々、被災された全ての方々に、心から主のみ守りをお祈り申し上げます。

 

 東北教区では去る2014年3月11日に東日本大震災3周年にあたり盛岡聖公会、仙台基督教会、福島聖ステパノ教会、釜石神愛教会において、また、各地の教会で礼拝が捧げられました。そして、地震発生の午後2時46分の時刻に合わせて黙想の一時を得ました。

 

 東日本大震災3周年記念礼拝には多くの方々が集い祈りを捧げましたが、それぞれがあのいまわしく忘れることのできなくなった「3月11日」を思い起こされたことでしょう。震災で犠牲となった皆さんのために、また、この世の不条理に疑問を抱きつつ神様のみ力を求め、そして遅々として進まない復興の中にあっても希望を願い求める祈りが捧げられました。

 

 2011年の大斎始日から2日後の3月11日、私は仙台基督教会の牧師として勤務中でしたが、1週間前に患った感染性胃腸炎からようやく回復し、仕事への復帰を喜んでいました。その日は、午後3時に松島にほど近い利府町での約束があり、当時神学校入学前の渡部拓聖職候補生を伴って、仙台基督教会を午後2時に車で出発いたしました。利府町は、海にも近く、後から考えてみますとわざわざ震源の近くへと向かっていたのでした。海に向かって車を走らせていた途中、晴れているにも拘わらず、遠く海の方に帯状の黒雲が横に拡がっているのが見え、二人で「不吉さ」を感じた瞬間、大地は大きく揺れ動き、前を走る車が宙に浮くのが見えました。それが私にとっての「東日本大震災」の始まりとなり、その瞬間、すべての予定や生活、思いがリセットされ、刻々と伝えられる被災地の状況に心揺さぶられる日々へと突入したのでした。発災後、祈りを捧げることの他に何をしたらよいのかわからず、時間だけが過ぎていく中、大震災発生から3日後、旧東北教区会館ホールの入口に教区主教によって「東北教区災害対策本部(仮)」の看板が掲げられて我に返りました。そして皆で手を取り合い、輪になって祈ったとき、復活の主が部屋にこもっていた弟子たちの真中に立って、聖霊の息吹を吹きかけられたのと同じ経験によって皆の力が結集され、教会・教区による支援活動が始まったと思っています。

 

 その後、周知の通り2011年5月末に「日本聖公会いっしょに歩こう!プロジェクト」が設置され、働きが整えられていきましたが、大震災発生から約2ヵ月を要したことになります。「いっしょに歩こう!プロジェクト」の活動やスローガン・方針は本当にすばらしいものでした。残念ながらこの働きは2年をもって終えましたが、その精神は「だいじに・東北」に受け継がれ、そして発災後3年が過ぎた今も私たち一人一人に、発災直後と同じく日々「何ができるのか」が問われています。同時に私たちは何時何処で大災害が起きてもおかしくないといわれる国に住んでいますので、今回の経験(例えば組織図やスローガン・活動方針等)が大きな宝として残されて今後にぜひ生かされ、そして有事にこそ教会の働きは急ぎ求められ、必要とされることを忘れずにいたいと思います。

 

 

あけぼの 2014年7月号より
司祭 ヤコブ 林 国秀

「小さいことでも何かをやっていきたい」2014年6月号

 「だいじに東北」から昨年12月に福澤真紀子姉が、そして今年2月に松村 豊兄が、それぞれ影山敬信兄をアシスタントに連れて秋田聖救主教会で学びの時・懇談の時を持ってくださいました。「自分たちに何ができるか?」が初回のテーマになっていましたが、2回目には「自分たちにできること」がテーマになっていたと思います。それは『「だいじに・東北」の働きは被災地と教会を結ぶこと』とのメッセージを頂いたことにあるように思います。

 

 秋田聖救主教会婦人会は教区婦人会の任も担っています。日本聖公会婦人会(日聖婦)との関係を通じて南相馬との関わりを築き、仮設住宅の女性たちの手作り品を教会婦人会の協力を得て取り寄せ、教会バザーで販売とPRを致しました。今もその活動を続け、手作り品や書籍を紹介しています。

 

 『いっしょに歩こう!プロジェクト』が2年間の働きを終え、昨年より『いっしょに歩こう!パート2』に移行し、「だいじに東北」と「原発と放射能に関する特別プロジェクト」の二本柱で動き出しました。「だいじに東北」は主に東北教区の活動となりましたが、お伺いすることもできず、その教区の働きに関われずにおり、どうしたらいいだろうか?との思いを持っておりました。その状況の中で2回目の「だいじに東北」との学びと懇談の時を持ち、それぞれが持っている関係を大切にしていくことを通しての支援の大切さと前述のメッセージを頂き、また、手作り品の販売等も行っているとの情報も得、それらを紹介しPRして行くことも十分な関わりであることに励ましを頂きました。でも矢張り被災地をお訪ねすることをしたい、との思いも強くなり、今、それに向けて準備している所です。

 

akebono201406img 私は今まで、支援活動には大きく関わっていませんでした。先日、あるきっかけで福島県人会とコンタクトを取りました。この県人会は秋田へ避難している方々をサポートすることを目的としています。そこで紹介された「第5回秋田県内避難者情報交換・交流会」に出席する機会を得ました。教会から比較的近い所にある県の施設が「秋田県避難者交流センター」となっていること、また、そのような会がもう5回も開かれていることを初めて知り、その席に同じ郷里の方々が「避難して来ている」ことを目の当たりにして、自分のアンテナの受信力の弱さに改めて気付かされています。そして県人会の方に協力を申し出ました。何かしらでも教会としての関わりに繋がればと思います。

 

 避難区域解除のニュースが流れています。ニュースで映し出される風景は、私が高校時代に同期生たちの家に遊びに行った所も含まれています。「あいつ、どうしてるかな?しばらく帰っていない実家も線量はどうなったかな?」との思いがニュースを見るたびに頭を過ります。

 

 被災者の方々が一日も早く安心して暮らせるようになることを日々の祈りの中でこれからも覚えて行きたいと思います。

 

 

あけぼの 2014年6月号より
司祭 アントニオ 影山 博美

「今、私たちに必要なのは」2014年4月号

イチャンヒ司祭の写真 私が住んだ「清州(チョンジュ)」という町は、韓国ではあまり大きくない町です。今から30年前には最も高い建物は7階でした。もちろん、今では50階程度の建物もあります。 2年前、東北教区訪問団と一緒に大田教区を訪問した時、私が子どものころ住んでいた町の前を通って行きました。通り過ぎて行く前に多くの期待をしました。「清州も多く成長したので、私が住んでいた近所も多く変わった」という期待感がありました。しかし、その期待はすぐに失望に変わりました。15年前、引っ越しをした時と今の姿はあまり変わらずにそのままでした。子どものころ友だちと遊んだ家の前の道もそのままだったし、建物もほぼそのままでした。

 

 その日の夕方に宿に帰って、なぜ私はそんなに失望をしたか考えてみました。その理由 は明らかになりました。これは、過去15年の間引越しした後、一度もその町に行かなかったからでした。それで、私は頭の中で考えていた姿と現在の町の姿が違う姿があったので失望をしていたようです。

 

チョンジュの街

 ヨハネによる福音書1章35節以下を見ると、イエス様がヨハネの弟子たちに「何を求めているのか」と言われた時、その弟子たちは、「先生どこに泊まっておられるのですか」と言いました。その質問に、イエスは、「来なさい。そうすれば分かる」と言われました。そうです。我々はそこに行って見る前に、私がそれを経験する前に、私の考えが自分自身を支配しています。 経験というのは非常に重要なことです。それゆえ、運動選手たちも多くの試合に参加して経験をします。試験を準備する学生は、試験の前に多くの準備を通じて試験の経験をしたりします。

 

 今、皆さんに最も必要なものは何ですか?それは、経験です。直接被災地に来て、見る経験が最も必要なときです。 2011年3月11日、大震災以降、日本聖公会中心だった「一緒に歩こう!プロジェクト」が、2013年6月にすべての活動を終え、7月から「一緒に歩こう!パートⅡ」として、「だいじに東北」を設置し、去年10月12日仙台聖フランシス教会で「だいじに・東北」の活動を開始する礼拝をささげて新たな活動を展開しています。

 

被災地で活動するイ司祭

仮設住宅夏祭りにて

 今、私たちに最も必要なことは、イエス様がヨハネの弟子たちに言われたように「来て、見る」ことです。来て見ればわかります。イエス様がいらっしゃるところに、来なくては、イエス様の愛がどんなものか、イエス様がどんな方であるかを正確に知ることができないように、被災地に来て、見なくては正確なことを知ることができません。文書で読むこと、他の人から聞くことより重要なのは、私が直接その場所に立って被害状況を見て、被災者から直接話を聞くこと、それが最も必要なものです。 まだ被災地を一度も訪問していなかったら、今からでも「だいじに東北」を通じて「来て、見て」ください。

 

 

あけぼの 2014年4月号より
司祭 ドミニコ 李 贊熙