9月11日(木)  東日本大震災犠牲者・被災者を覚えて・毎月11日の祈り


 東北教区主教座聖堂・仙台基督教会では毎月11日に東日本大震災の犠牲者、被災者を覚えて午後2時半からの祈り、同時46分からの黙想を行っています。(仏教的な表現を使えば「月命日」ということになります。)今月、9月の11日は木曜日でしたが、十数名の参列者を得て祈りと黙想が献げられました。

   



     

今年も届きました。 「神戸教区の乙女」 の皆様からのイースタープレゼント

 
 昨年に続き「神戸教区の乙女」の皆様から東北教区各教会にイースターと励ましのプレゼントが届きました。今年も覚えていただきありがとうございます。
 ある教会では復活日の朝に受付の机にプレゼントが並べられましたが、「今年も送ってくれたのですか!」との感激の声と共に「きれい!」「素敵!」「寝ているおばあちゃんにも持っていってあげたい」などと大反響で、礼拝前にはほぼ完配となりました。神戸教区の皆様に感謝!!

   



      

3月11日(水) 東日本大震災3周年記念聖餐式・逝去者記念の祈り  午後2時46分の黙想


  3月11日(水)午後1時から仙台の主教座聖堂・仙台基督教会、福島聖ステパノ教会、盛岡聖公会で祈りと黙想の時が持たれました。それぞれの場所で良き時が持たれたことと思います。まずは仙台の主教座聖堂の様子をお伝えします。



               午後1時入堂 
 

    福音書朗読は大韓聖公会ソウル教区のユ・シギョン司祭
 

           説教の大西 修大阪教区主教


 
仙台にご参集の主教。左より上原沖縄教区主教、武藤九州教区主教、
一人おいてキム・グンサン大韓聖公会首座主教、植松日本聖公会首座
主教、三鍋横浜教区主教、大西大阪教区主教、加藤東北教区主教

 

    2時46分の黙想で講話をいただいた武藤主教
 

         最後の祈祷をいただいたキム主教

 盛岡、福島にも各教区主教様方が分散して出席くださいました。仙台以外の地の様子は教区報等でお知らせできると思います。


       

2014年 3月1日(土) 主教座聖堂・仙台基督教会礼拝堂聖別式     速報版

   
 3月1日に東北教区主教座聖堂・仙台基督教会は礼拝堂聖別式を迎えることができました。ご列席いただいた日本聖公会主教団、他管区、他教区代表の皆様、他教派代表の皆様、そして教区内外の祈り、支えてくださいました皆様本当に感謝いたします。
 
まずは写真にてその様子をお伝えいたします。



  「門よ開け!」 (傷が付かないよう、大変気を遣われています。)
 

          2階から見下ろした新礼拝堂祭壇側
 



            ご列席の主教団
 

      説教する越山健蔵司祭(東北教区常置委員長)
 

              



他教派よりのご来賓。右よりカトリック仙台教区司教様、日本キリスト教団
東北教区副議長様、仙台キリスト教連合会会長様。


 

       ご列席の管区、他教区、テジョン教区代表の皆様
 

 
 


     
 


            
 

       けやき並木の交差点から見た礼拝堂全景