主教室より






日本聖公会東北教区へようこそ!

                                                                        日本聖公会 東北教区主教 ヨハネ 加藤 博道


日本聖公会全11教区の中で、東北教区の受け持つ範囲は東北6県です。
広く細長い東北6県。
そして6県のうち5県が全都道府県の中での広さベスト10の上位に堂々入ります。
1位は北海道ですが、2位が岩手県、3位が福島県、6位が秋田県で8位が青森県、そして山形県が9位です。この中に22教会、2伝道所、2会衆、1礼拝堂があり、また関係する16の幼稚園(学校法人、宗教法人合わせて)、1保育園があります。
働く教役者の数は・・・、現役だけではすでに一桁です。しかし嘱託の聖職方や多くの熱心な信徒の方たちが、力を合わせて共に祈り、働いている教区です。
アメリカ・ミッションに由来するカトリック的な伝統を重んじつつ、それぞれの教会、また教会と共にあった幼稚園・保育園が、多くは100年を越す歴史の中で、地道に地域に根ざしながら、キリストの福音を証ししつつ働いてきました。
日本の歴史、とくに近代史の中でも、東北地方はある意味で独特の歴史、風土を生きてきたと言えましょう。
緑豊かな美しい山河、豊かな山の幸・海の幸、自慢出来る日本酒の恵み。
多彩な祭り、多くの民話、民謡。
一方、豪雪地帯もあり、生活の厳しさも昔からのものでしょう。
そのような風土の中に、世界に広がるアングリカン・コミュニオンの豊かなキリスト教信仰がどのように出会い、根付いていくのか。これが私たちのチャレンジです。
開始されたばかりのホームページ、まだまだ未完成な面も多々ありますが、どうぞ東北教区の様子をのぞいてみてください。そして、それをきっかけにしながら、顔と顔を合わせて出会える時のあることを、楽しみにしています。
       <主 教 経 歴>

1950年、愛媛県松山市生まれ。立教大学社会学部卒。
大学卒業後、12年間は洋楽関係・オペラ団体の制作室等に 勤務。
その後、聖公会神学院卒、上智大学神学部大学院修了。
1999年−2000年、アメリカ・カリフォルニア州バークレーの CDSP(Church Divinity School of the Pacific)客員研究員。
聖公会神学院教員、東京教区司祭(牧師)を経て、2003年
6月、東北教区主教に按手され、就任。
日本聖公会エキュメニズム担当主教。礼拝委員等。

       



 ○ 主教メッセージ

                   2014年    新年メッセージ          「励ますこと、祝福すること」                                               
                         
イースターメッセージ     「お前が聖職になるころには」
    

        主教コラム 「欅並木から」        

014年3月号より教区報「あけぼの」に連載開始

   
第1回  「主教コラム」               第2回  川端先生と今橋先生

   
    第3回     「福音主義教会は伸びている?」     
第3回    文字数厳守のこと
      

     
     第5回     「ヘイトクライム、ヘイトスピーチ」        第6回    「沖縄の旅・主教会」  


     第7回    個人としては良い人               

                                                                                                                                     




● これまでの加藤主教の著作・エッセイのご案内はこちら・・・