東北教区東日本大震災支援室

活動報告

東日本大震災を覚えて 午後2時46分の黙想

主教座聖堂 仙台基督教会では、毎月11日、「東日本大震災を覚えて  午後2時46分の黙想」が行なわれています。毎回、午後2時30より、始めに聖書のみ言葉を聞き、短い講話の後、東日本大震災が発生した午後2時46分にあわせて打鐘とともに1分間の黙祷を行ない、共に祈りをささげます。

東日本大震災月命日礼拝

5月11日(木)

 

東日本大震災月命日礼拝

東日本大震災を覚えて

東日本大震災月命日礼拝

祈り

東日本大震災月命日礼拝

今回の講話は 東北教区東日本大震災支援室室長 渡部正裕が担当しました。

東日本大震災月命日礼拝

被災地の現状が語られました。

東日本大震災月命日礼拝