東北教区東日本大震災被災者支援プロジェクト

東日本大震災被災者支援活動について

主のみ名を賛美いたします。

 

2011年3月11日午後2時46分に東日本大震災が発生してから、満8年がたちました。その間、東北教区は対策本部、支援室を立ち上げ、また日本聖公会全体の取り組みとして「いっしょに歩こう!プロジェクト」「いっしょに歩こう!パートⅡ だいじに・東北」の働きを通して、4年の間、被災者の方々や被災地の復興に、微力ながら思いと力を注いでまいりました。4年前に「だいじに・東北」の活動を終えるにあたり、私たちの心の到来したのは「まだ終わっていない。終わらせてはいけない」という思いでした。私たちの隣に苦しみ悩む人たちがいる限り、共に祈り、共に歩むことが東北に遣わされた教会の姿であると確信しました。

 

その確信は、2015年6月にスタートした東北教区東日本大震災支援室の働きに受け継がれました。そして2019年からは「日本聖公会東北教区東日本大震災被災者支援プロジェクト」として、被災者の皆さんに寄り添い続けながら、被災地と被災者の現状を全国に発信し続けようとしています。「共に祈り、共に歩む」小さな働きを継続することこそ、私たち東北教区がイエス様の御跡を踏むことだと信じます。

 

どうぞ今後とも引き続き、皆様方のお祈りとご支援、ご協力をお願い申し上げます。

 

2019年3月1日

教区主教 吉田 雅人


主な働き

 

1.被災地訪問者への協力、案内

教会、学校、グループ等の被災地訪問のお手伝いをしています。

2.お買い物支援

近くに商業施設のない災害公営住宅から、毎週送迎の支援を行なっています。

3.お茶会の開催

仮設_住宅で生活されていた頃から、交流の場としてお茶会の開催を続けています。

4.被災地巡りツアーの開催

東北教区の信徒を対象に、現在被災地がどのような状態にあるのか実際に見ていただくツアーを開催しています。

5.教区大震災関連行事への協力

6.「原発のない世界を求めて」日本聖公会総会決議に関する協力


被災地をご訪問の際、またご計画を立てる際、サポートいたします。

 

被災地を回る際のモデルコース例を紹介いたします。

下記をご参考に、どうぞご相談ください。

 

 

①福島県南部から北部にかけて回るコース

  • 小名浜聖テモテ教会
  • →原発事故の影響による帰還困難区域(常磐道)
  • →新地町・磯山聖ヨハネ教会(礼拝・お茶会参加など)

 

 

 

 

②原発事故の影響が大きい地域を回るコース

  • 浪江町、飯館村など、原発事故の影響による居住制限区域、
  • 帰還困難区域

 

 

 

 

 

③仙台市近郊の沿岸部を回るコース

  • 仙台市若林区荒浜・荒浜小学校(震災遺構)
  • →名取市閖上地区(津波被害地域)など

 

 

 

 

 

④宮城県気仙沼市・南三陸町を回るコース

  • リアスアーク美術館(常設・震災史料展)
  • →旧防災庁舎(震災遺構)
  • →シャークミュージアム(震災3D記録映像視聴)
  • →さんさん商店街など

 

 

 

ご相談、お問い合わせはこちらまで

メール sien.tohoku@nskk.org

(東日本大震災被災者支援プロジェクト宛)


支援プロジェクトの働きのため、皆様のご協力をお願いいたします。

 

振込先:七十七銀行 一番町支店

口座名義:宗教法人 日本聖公会東北教区

普通預金 口座番号: 9204792

 

振込先:ゆうちょ銀行

口座名義:東北教区東日本大震災被災者支援プロジェクト

郵便振替 口座番号:02270-7-119647

説 教

東日本大震災10周年記念の祈り(主教座聖堂 仙台基督教会)

主教 ヨハネ 加藤 博道

10年前の今日、起った出来事は、まさに激甚としか言いようのない激しさと驚きに満ちていました。自然の力の前に、人間の営み、文明が築き上げたと思っていたものが、いかに無力であるかを思い知らされた日となりました。同時に、危機的状況の中にあって、それに立ち向かう人々の責任感や勇気、また善意が示された時でもありました。

 

 

あの日を境に、多くの人の人生が変わりました。多くの人が愛する家族や親しい人、仕事や故郷を失いました。直接の被災者ではない方たちでも、あの日から自分の人生は変わったと感じ、生き方を変えてこられた方々も少なくありません。それぞれの人にとっての10年、どのような思いや状況で過ごしてこられたかは、とても簡単に言葉にすることは出来ません。

 

東北教区の中でも、この10周年の日をどのように迎えたらよいのか、以前から少しずつ話し合っていました。大震災発生後に出会った方々や、被災地と東北教区を訪問してくださった海外聖公会の方々、日本聖公会の各教区の方々をお招きしての記念礼拝や、大きな災害に向き合った時に、教会が担えること、その使命は何なのか、各教区の経験を分かち合う協議会のようなものを開催してはどうかとも話し合っていました。

 

しかし今、新型コロナウイルス感染症流行の中で、そのようなことは出来なくなりました。当初、東北教区としての記念礼拝も、津波によって3人の信徒の方―イサク三宅實さん、スザンナ三宅よしみさん、グレース中曽順子さん―が犠牲となり、教会も解体され他の場所に移転した磯山聖ヨハネ教会の元の礼拝堂跡地、「祈りの庭」で行う予定でしたが、やはり人の移動を極力減らす観点からそれも取り止めることとなりました。

 

それでも今日の礼拝は、東北教区の7つの教会で同時にささげられ、日本各地の他の場所でも、祈りの時が持たれていることと思います。海外からも、祈りの時を持つという知らせがいくつも届いています。

 

 

大勢の方とご一緒に集まっての礼拝が出来ないことは残念なのですが、実は今、わたしの中に、これで良かったのかも知れないという思いが起こってきています。もしかしたら、大勢の方を迎えた大礼拝や集会が終わった時に、何か「一段落したような、一区切りついたような」気持ちや雰囲気がどこか芽生えてしまうかも知れません。そういう意味では、今日、10周年とは言っても、限定され分散された形での礼拝とならざるを得ないことを通して、わたしたちは、今も「決して何かが終わったわけではない」ということを、改めて確認させられているのではないだろうか。そんな風に思い始めています。

 

 

東日本大震災の被災地は、地域の回復に向けて懸命の努力を続けてこられました。10年間のその労苦が報われますように、少しでも生活の落ち着きが取り戻されますようにと祈ります。しかし同時に本当の回復への道のりはまだ途上にあり、目に見えない傷ついた部分、癒されていないことは多々あるでしょう。復興という作業の必要な土台ではあるでしょうが、被災した沿岸部の多くは高くかさ上げされて、もとの生活のあった街並みや風景を想像することは困難です。世界最悪レベルと言われる原子力発電所の爆発事故によっては、いまだに事故処理そのものが収束せず、将来的な展望も見えない中、帰還困難の状態に置かれた人々の避難生活が今このときも続いています。被災地では高齢化もあり、心と体の不調を訴える人は増え続けていると言われます。そういう状況の中でわたしたちは今日、10年目の日を迎えています。

 

東日本大震災だけでなく、その後日本の各地には台風、暴風雨、洪水、土砂災害と大きな災害が続き、世界を見れば、やはり多くの自然災害と共に、政治的な対立、紛争地域における殺戮や憎悪、難民の置かれた苦難の状況があります。
問題がすっきり解決して、何の心配もないというような状況は、地球上、おそらくどこにも見当たらないのだと、思わざるを得ません。

 

 

聖公会の新約聖書学者として活躍された速水敏彦司祭の『新約聖書 わたしのアングル』という本があります。1985年の本ですが、当時大変話題になりました。その中でお若い時の速水先生ご自身が抱いていた「救い」のイメージとして、「救いとは、この苦しみや悩みの生活の中からすくいあげられて、苦しみや悩みのない世界、つまり天国とか極楽といったような所へ連れていかれることだと考えていた」という部分があります。先程読まれた福音書の中の主イエスの言葉「重荷を負って苦労している者は、わたしのもとに来なさい。あなたがたを休ませてあげよう」に関係しての話です。「休ませてあげよう」という言葉は、とても心に優しく響いてきます。そしてこれはかなり日本人の持つ「救いのイメージ」ではないかと、少なくともご自分はそうだったと言われています。

 

しかし、後に先生は『共同訳聖書』翻訳の仕事を始められ、聖書を初めてドイツ語に訳した宗教改革者のルターが、この「休ませてあげよう」の部分を「元気づける」「元気づけてあげる」と訳していることに気がつかれます。そしていろいろ調べていく中で、キリスト教の救いは、悩みの中からすくいあげられて、苦しみのない世界に連れていかれることではなく、力を与えられて、もう一度その重荷を負って生きていけるようにされること、だと考えるようになられます。人間には休息-よく休むこと―が必要ですが、しかしそれは「もう一度力を回復して立ち上がる」ことと切り離すことは出来ないでしょう。

 

「病人を立ち上がらせる」「起き上がらせる」という言葉が新約聖書の中には多く見られ、究極的には神がイエスを死者の中から「立ち上がらせた」、復活の出来事がキリスト教信仰の中心であると書かれています。

 

もう一度生きる力を与えられて、再び立ち上がっていく、「復活」ということがキリスト教信仰の中心である、ということを深く思い、この大震災によって傷ついたすべての人の上に、また地域の上にご復活の主の御力を祈りたいと思います。

 

同時に、その「ご復活の主の御力」はどこか遠くにあるものではなく、わたしたちの日常の思いと行いの中で働いているものではないかと思うのです。

 

 

以前、テレビでスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼のドギュメンタリ―番組を放送していました。いろいろな国から来た巡礼者たちが、大きな重い荷物を背負いながら歩いていく、その姿を追った番組でした。

 

巡礼者の中に、一人の中国系の若い女性がいました。巡礼は初めての経験のようでした。小柄な女性なのですが、何よりも背負っている自分の背中よりも大きなリュックサックのバランスが悪く、背中から大きく離れて、まるで首を後ろに引っ張られるようにして、本当に苦しそうに歩いていました。とても目的地にまで辿り着けるとは思えませんでした。その時、数人の他の巡礼者が声をかけあい、「まず、あの人の荷物をなんとかしよう」と言って近づき、荷物を降ろさせ、荷物の詰め方のバランスを整え、リュックサックのひもの長さを調整して、背中にぴったりとあって、背負いやすいようにしたのです。その後、彼女は見違えるように元気に歩き出し、目的地の大聖堂にも到着することが出来ました。彼女を助けた人たちは、この場合は彼女の荷物を減らしたり、代わりに背負ってあげたわけではありません。しかし「まず、あの人を、あの人の荷物をなんとかしよう」と、お互いに声を掛け合い、必要な手助けをしました。自分も自分の重い荷物を背負って歩く旅ではあっても、他の巡礼者の状況にも無関心ではありませんでした。番組の中でも短い小さな出来事でしたが、印象的な一場面でした。そしてその女性が気力を回復していったのも、実際に荷物が背負いやすくなったということと同時に、自分が一人ではないということに気づいて、力づけられたことにもよるのではないか、そう思えるのです。

 

 

「我々に課せられたものの中で何が過酷であろうとも、愛はそれを軽くする」とは、古代の神学者アウグスティヌスの言葉です。「まず、あの人の荷物をなんとかしよう」という言葉とそこでなされた行為は、決して大袈裟なものではありませんが、やはり愛に通じるものではないかと思います。思えば主イエスの軛は「互いに愛し合え」という、新しい掟であるでしょう。「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」との新しい掟です。「わたしがあなたがたを力づけたように、あなたがたも互いに力づけあいなさい」と、少し言葉をかえさせていただいても、聖書の心から離れてはいないと思えるのですが、いかがでしょうか。

 

 

東日本大震災をはじめ、様々な被災地にある方々の労苦を思います。どうか必要な休息が与えられますように。そしてまたそれぞれの仕方で、再び立ち上がっていく力が与えられますように。わたしたちの教会もその歩みを共にするものでありますように。あまりに複雑で見通しがきかないと思える世界の中にあっても、お互いの担っている状況への関心を失わない、感受性と必要な行動力とが与えられますように。

 

そして東日本大震災をはじめ、多くの災害の中で地上の生涯を終えて、天の主のみもとにある方々が、今は本当にすべての重荷を下ろし、永遠の平安のうちに安らぐことが出来ますように。お祈りいたします。父と子と聖霊の御名によって、アーメン

 

 

主教 ヨハネ 加藤 博道

 

(2021年3月11日 主教座聖堂 仙台基督教会にて)

メッセージ

「『だいじに・東北』2年の歩み」主教メッセージ『普通の教会ができること―を目指して』

1-2 版画 この指とまれ2011年3月11日の東日本大震災発生後、日本聖公会の「いっしょに歩こう!プロジェクト」が正式に立ち上がるまでの約2か月は、まだ最初期の東北教区としての手作りの働き方も続いていた時期であった。それは震災の3日目には始まっていたことで、信徒が徒歩や自転車、また運転の得意な方が運転を担当して、とくに高齢の方たち、被災した信徒を訪ね歩き水や食糧を届け、共に祈っていた。ある意味では「原点」であったが、もちろん限界もあり、この大震災に対しては、日本聖公会全体の取り組みとなるべきと誰もが考え、5月頃から全教区的な働きとしての「いっしょに歩こう!プロジェクト」が立ち上がっていった。一つの大災害に日本聖公会が全体として向き合ったという点で、歴史的な事柄、大きな経験であったと言ってよいと思う。
2年間のプロジェクトが終わり、第2段階の展開として原発・放射能に関する管区の取り組みと、改めて東北教区としての取り組みが始まっていくとき、東北教区として、どのように考え、働いていくのか、改めて問い返すこととなった。

 

大震災発生直後、仙台市内の牧師たちが声をかけあい、1週間後に会合が開かれた。わたしとしては、いつもの市内の牧師たちが集まって、額を寄せあい「さあ、どうしようか」と話し合うものと思って参加したが、その会場はすでに多くの「プロフェッショナルなボランティア団体」、 支援活動の専門家の方たちで溢れていた。「昨日までアフリカの難民支援に行っていました」「何十台の大型トラックとテントと、大きな資金をすぐに用意できます」というような会話が飛び交った。「凄い」と思うと同時に、東北教区の現実も思いつつ、同じようにはできないということも感じた時であった。
「素人」であること、普通の街の教会(パリッシュ)に何ができるか、とその時から考えてきたように思う。現在の教会は「信徒の働き」を大変重要に考えている。信徒という言葉は、英語では lay、ギリシャ語の「ラオス」がもとにあるが、辞書で引くと、「信徒、素人、普通の人、門外漢」と出てくる。教会の中で、「信徒は素人だ」と言うと響きが適切ではない。むしろ特殊な専門家ではないが、良い意味で普通の人として、生活者として、その地に根ざして現実を生きている人たちと言いたいと思う。特殊な専門家は、特定の能力をもって、ある範囲の中で活躍し、それはなくてはならない存在であるが、同時にそれだけではない、日常に根ざした生活者の感覚が何事にも不可欠である。

 

「いっしょに歩こう!プロジェクト」も多くは支援活動専門ではない青年信徒が主体であったが、それでも特別の使命をもって、特別の仕方で集まって、一つの事柄に集中した、という意味では「専門的活動・特別活動」であったと思う。

 

東北教区という、率直に言って、幼稚園・保育園という幼児教育、保育の領域以外では、対社会的な活動の経験が乏しい教区にとって、これからの歩みがいかにして東日本大震災の現実に向き合いつつ、普通の教会として、普通の人として、しかし信仰の深みに触れるような経験を重ねながら、自分たちの属する地域社会と共に生きていくのか。2012年日本聖公会宣教協議会の宣言に即して言えば、教会の「マルトゥリア」(証し)、「ディアコニア」(奉仕)、「コイノニア」(交わり)、そして「レイトゥルギア」(礼拝)の普通の課題として、これからもずっと大震災を覚え続けていく仕方はどのようなものなのかと、それは今も問い続けていることである。そこからは東北の東日本大震災だけではない、各地の災害や、世界の戦争、紛争、多くの人々の苦難と犠牲に対する思いと関心が深まっていく筈と思う。
一方、別の視点からの課題としては、まさに専門性の必要がある。カトリック教会の働きは、教会ももちろんであるが、専門的集団としての「カリタス・ジャパン」、また特別の召命と働き方をすることのできる男女の修道会から大きな力を得ていた。世界のアングリカン・コミュニオンの中にも、災害支援を使命とする専門的な働きが存在する。聖公会は16世紀の宗教改革において、基本的には修道会を廃し、「パリッシュ中心」の教会となったわけで、その大切さと、弱さとが出ているように思える。パリッシュに足を置きながらも、もっと多彩で教会の枠を超えたような働き方も、日本聖公会の中で積極的に考えられてよいのではないだろうか。

 

上に挙げたこと以外に、この間、思い続けたのは「東北であること」の意味であった。もちろん災害や人間の困窮が持つ「普遍性」もあろう。しかしきっと多くの災害や苦難には、その土地の風土、歴史、地理的条件、環境、人々の文化、気質、社会全体の中での置かれた地域の特性というものがあろう。今はこれ以上展開することは出来ないが、「普遍の教会」(公会)でありつつ、ローカルな教会としての東北教区の可能な使命や特徴や、魅力や課題は何なのだろうかと、これからも考え続けていきたい。
何よりも各地にある多くの信徒、教役者と共に、とくに被災地、福島県に生活し働く方々の、その労苦を思いながら、祈りと働きを続けていきたい。

主教 ヨハネ 加藤博道

 

(東北教区東日本大震災被災者支援室報告書「だいじに・東北」2年の歩み)