十和田湖畔施設ヴァイアル山荘改築工事特設ページ

報告

新ヴァイアル山荘落成

10月23日(土)13時より、ヴァイアル山荘落成式が執り行われました。

 

 

青森や大館から十和田湖畔の山荘に向かう道路脇には前日までに降った雪が溶けきらずに少し残っていました。
式の前後は雨でしたが、落成式の際は晴れて、開式前に1度虹が出て、さらに式中もう1度虹がかかり、神様の祝福と前途へのお恵みだと感じられて、熱い思いをもって参列された一同感激でした。

 

 

 

吉田雅人主教司式で祝福さた新しいヴァイアル山荘が誕生しました。
素敵ですよ!

 

 

 

設計のNAKA建築設計室・中川義明氏と施工の伊藤羽州建設に感謝状と記念品が、また土地家屋調査士の加藤靖隆氏に感謝の言葉と記念品が贈呈されました。
ナザレ修女会から届けられた祝電も披露されました。

 

 

この後山荘は約半年間の冬ごもりに入り、来年5月に大々的にオープンです。
皆様、来春から是非奮ってご利用ください。

 

 

 

この間の皆様のご協力に感謝申し上げますと共に引き続きご支援の程をよろしくお願いします。

 

 

建物引き渡しを行いました

10月13日、改築工事のすべてが終了し、建物の確認と鍵の引き渡しを行いました。

 

新しいヴァイアル山荘は、以前の建物より一回り広く、天井近くの窓から差し込む光でとても明るい空間になっています。
また、屋根付きのデッキも備わり、湖を見ながらお茶を飲むこともできそうです。
そんな新しい建物は、中にいるとどこか別なところに来てしまったようですが、入口に掲げられた以前の看板や、窓から見える景色から、懐かしさを覚えます。

 

建築会社に作っていただいた施設使用マニュアルを手にし、いよいよ活用していけるのだと一層気持ちが高まりました。
冬の十和田湖畔は雪深いため冬期間は閉鎖となりますが、来年の5月からたくさんの皆様に活用していただけるよう、案内やプログラムの準備を進めています。
どうぞ、暖かくなりましたらお越しください。

 

落成式のご案内

主の平和がありますように

 

日頃、東北教区のためにご加祷、ご支援をいただきまして誠に有り難うございます。
さて、ヴァイアル山荘改築工事は順調に進み、いよいよ竣工の運びとなりました。これもひとえに、皆様方からの温かいご支援とご協力のお蔭と衷心より感謝申し上げます。

 

つきましては、下記のとおり落成式を挙行し、新しいヴァイアル山荘の船出をお祝いしたいと存じます。本来であれば多くの皆様にご参集願い、完成の感謝を共にしたいところではございますが、新型コロナウィルス感染症の感染対策を優先させ、たいへん残念なのですが人数制限をさせていただきますことをご理解申し上げます。どうか、それぞれの地におきまして、神様の祝福とお恵みをお祈りくださいますようお願いいたします。

 

どうか、引き続きヴァイアル山荘改築のためご支援とご加祷を重ねてお願い致します。皆様の上に神様のお守りをお祈り申し上げます。

栄光在主+

 
 

日本聖公会東北教区
主教 ヨハネ 吉田 雅人
十和田湖畔施設活用グループ
リーダー 司祭 フランシス 長谷川清純

 


 

 

*ヴァイアル山荘落成式
 日 時 10月23日(土)午後1時
 場 所 ヴァイアル山荘(秋田県鹿角郡小坂町十和田湖銀山13番地2)
 司 式 主教 ヨハネ 吉田雅人
 参列者 近隣教会信徒数名、十和田湖畔施設活用グループメンバー、NAKA建築設計室、伊藤羽州建設関係者

 

以 上