東北教区東日本大震災被災者支援プロジェクト

東日本大震災被災者支援活動について

主のみ名を賛美いたします。

 

2011年3月11日午後2時46分に東日本大震災が発生してから、満8年がたちました。その間、東北教区は対策本部、支援室を立ち上げ、また日本聖公会全体の取り組みとして「いっしょに歩こう!プロジェクト」「いっしょに歩こう!パートⅡ だいじに・東北」の働きを通して、4年の間、被災者の方々や被災地の復興に、微力ながら思いと力を注いでまいりました。4年前に「だいじに・東北」の活動を終えるにあたり、私たちの心の到来したのは「まだ終わっていない。終わらせてはいけない」という思いでした。私たちの隣に苦しみ悩む人たちがいる限り、共に祈り、共に歩むことが東北に遣わされた教会の姿であると確信しました。

 

その確信は、2015年6月にスタートした東北教区東日本大震災支援室の働きに受け継がれました。そして2019年からは「日本聖公会東北教区東日本大震災被災者支援プロジェクト」として、被災者の皆さんに寄り添い続けながら、被災地と被災者の現状を全国に発信し続けようとしています。「共に祈り、共に歩む」小さな働きを継続することこそ、私たち東北教区がイエス様の御跡を踏むことだと信じます。

 

どうぞ今後とも引き続き、皆様方のお祈りとご支援、ご協力をお願い申し上げます。

 

2019年3月1日

教区主教 吉田 雅人


主な働き

 

1.被災地訪問者への協力、案内

教会、学校、グループ等の被災地訪問のお手伝いをしています。

2.お買い物支援

近くに商業施設のない災害公営住宅から、毎週送迎の支援を行なっています。

3.お茶会の開催

仮設_住宅で生活されていた頃から、交流の場としてお茶会の開催を続けています。

4.被災地巡りツアーの開催

東北教区の信徒を対象に、現在被災地がどのような状態にあるのか実際に見ていただくツアーを開催しています。

5.教区大震災関連行事への協力

6.「原発のない世界を求めて」日本聖公会総会決議に関する協力


被災地をご訪問の際、またご計画を立てる際、サポートいたします。

 

被災地を回る際のモデルコース例を紹介いたします。

下記をご参考に、どうぞご相談ください。

 

 

①福島県南部から北部にかけて回るコース

  • 小名浜聖テモテ教会
  • →原発事故の影響による帰還困難区域(常磐道)
  • →新地町・磯山聖ヨハネ教会(礼拝・お茶会参加など)

 

 

 

 

②原発事故の影響が大きい地域を回るコース

  • 浪江町、飯館村など、原発事故の影響による居住制限区域、
  • 帰還困難区域

 

 

 

 

 

③仙台市近郊の沿岸部を回るコース

  • 仙台市若林区荒浜・荒浜小学校(震災遺構)
  • →名取市閖上地区(津波被害地域)など

 

 

 

 

 

④宮城県気仙沼市・南三陸町を回るコース

  • リアスアーク美術館(常設・震災史料展)
  • →旧防災庁舎(震災遺構)
  • →シャークミュージアム(震災3D記録映像視聴)
  • →さんさん商店街など

 

 

 

ご相談、お問い合わせはこちらまで

メール sien.tohoku@nskk.org

(東日本大震災被災者支援プロジェクト宛)


支援プロジェクトの働きのため、皆様のご協力をお願いいたします。

 

振込先:七十七銀行 一番町支店

口座名義:宗教法人 日本聖公会東北教区

普通預金 口座番号: 9204792

 

振込先:ゆうちょ銀行

口座名義:東北教区東日本大震災被災者支援プロジェクト

郵便振替 口座番号:02270-7-119647

説 教

東日本大震災8周年記念の祈り説教

午後2時46分の黙想 −同じ時 想いを一つに 皆で祈りを−

すべての逝去者、困難のうちにある方々を覚えて

主教 吉田 雅人

 

主よ、わたしの岩、わたしの贖い主よ、どうか、わたしの口の言葉が御旨にかない、

                        心の思いが御前に置かれますように、アーメン

 

 

 東日本大震災が起きてから、今日で満8年がたちました。今年もそのことを覚えて、「同じ時 思いを一つに 皆で祈りを」共にできたらと、東北教区から日本聖公会のすべての教会に呼びかけさせていただきました。ことに管区事務所のご協力をいただきまして、今日、用いている「8周年記念の祈り」式文を日本聖公会のすべての教会送っていただきましたし、実際に東京教区主教座聖堂、聖アンデレ教会からは、同じ時、同じ式文を用いて祈りますというお知らせをいただきました。

 

 さて、今回、この集いのためにどのような聖書の箇所を選ぼうかと悩んだのですが、先ほど拝読していただきましたマルコ伝10章46節からの「バルティマイの癒し」のお話は、すでにお気づきのように、「一緒に」とか「呼んできなさい」「イエスに従った」という聖句がキイワードになっています。ご承知のように東日本大震災の支援活動は「一緒に歩こう・・・」をスローガンに始まりました。多くボランティアの方々が、親族友人をはじめ多くを失い、悲しみの内にあった被災者の方々と、「一緒に」歩んでくださったことと思います。

 

 私と家族は、24年前の阪神淡路大震災で被災しました。大きな揺れのさなかに、神戸聖ミカエル大聖堂の鐘が、カーン、カーンと澄み渡るように鳴っていたことを、今でも鮮明に覚えています。当時は神戸教区で専任の主事をしていましたので、全国から送られてくる支援物資の受け入れ、それを必要としている人々や教会に分かち合うこと。またボランティア元年と言われて、聖公会関係のみならず、たくさんの方々が来られましたが、この人々の受け入れ業務などを行なっていました。

 

 東日本大震災のときには、7月に神学生を連れて、短い期間でしたが被災地をお訪ねし、東松島などで少しだけお手伝いをさせていただきました。また長谷川司祭さんに先導していただいて、南三陸町まで行きましたが、阪神淡路大震災と東日本大震災との大きな違いは、被災地の範囲の広大さと、津波の被害の甚大さだったことを痛感したものでした。

 


 

 阪神淡路大震災から22年、東日本大震災から6年を経た2017年11月に東北に着任し、小名浜の越山健蔵司祭のもとをお訪ねしたとき、健蔵司祭は「できれば東北道ではなく常磐道を通ってきてください」とおっしゃいました。もともとそのつもりでしたが、なぜ健蔵司祭はあえてそうおっしゃったのだろうか、と不思議に思っていました。そう思いながら常磐道を走っていましたら、高速道路の両側に黒い大きな袋が壁のように山積みになっており、同じような袋が山の中に作られた空き地に、一杯詰まれていました。また反対車線を「汚染土運搬中」と書かれた横断幕を車体の前面につけたトラックの車列とすれ違いました。福島では、風評被害に苦しむと同時に、原子力発電所周辺の未帰還地域では、汚染土の除去がこれからも続いていくという現実を、まざまざと見せつけられたのです。

 

 京都にいたときには、原発の解体作業は全く進んでいないことも知っていましたし、東京オリンピックが決まったときにも「何が復興オリンピックだ!!」と怒っていましたが、実はそれは、自分の頭の中で理解していた抽象的な事柄に過ぎなかった、ということに気づかされて、とても恥ずかしくなりました。

 

 いかに自分が被災地から、被災者の方々から遠く離れてしまっていたのか、一緒に歩けていなかったのか、ということにまざまざと気づかされました。「常磐道を通って」と言われた健蔵司祭さんのねらいはこれだったのか、と気づかされました。

 

 今の私たちの社会には、「寄り添う」という言葉が定型句のように使われています。今の為政者たちも、「沖縄の人々に寄り添って」とか「被災地の人々に寄り添って」と、簡単に口にします。でも、そんなことがほんとうにできるのか? とても疑問に思ってしまいます。阪神淡路の時もそうでしたが、川を一本越えて大阪に入れば、そこにはきらびやかな世界がありました。仙台市内の中心部にいると、今は人と物であふれています。しかしほんの10Km南の荒浜地区や名取市の閖上に足を伸ばせば、8年たっても荒涼とした浜がそのままなのです。

 


 

 新約聖書には「寄り添う」と訳された言葉は見当たりませんが、それに近い「そばに来る」とか「そばに行く」、あるいは「近づく」という言葉が、福音書だけでいえば82箇所使われています。しかし面白いことにイエス様の方から「そばに来てくださる、近づいてくださる」のは3箇所だけで、マルコ伝1:31以下のペトロのしゅうとめの熱を癒された時、マタイ伝17:7の「変容の物語で恐れる弟子たちに近づかれた」という箇所と、ルカ伝7:14で「ナインのやもめの一人息子の葬儀で、棺に近づかれた」という記事だけのようです。この「そばに来る」とか「近づく」という言葉は、「~のために行く」とか「~に対して行く」というように、明確な目的を持ってなさる行動を意味しているようです。

 

 つまり、イエス様がペトロの姑や、ナインのやもめの一人息子の棺に近づかれるのも、弟子たちや病気の人々、あるいは本日の福音書のバルティマイがイエス様に近づいていくのも、明確な目的があるのです。それは相手に対して遠くの方から何かをするというのではなく、近づいて、そばによって、顔と顔とを合わせて関わるということではないでしょうか。画像や電波を通してではなく、実際にそこにいる、一緒にいる、存在するということが大切なのだと思います。

 

 イエス様は、苦しむ人々に対して近づいていかれました。イエス様は私たちの罪をあがなうために、十字架に進んでいってくださいました。まず、イエス様が私たちを覚えてしてくださったことに感謝しつつ、私たちもまた、イエス様の御跡を踏んで、今も悲しみ・苦しみのうちにある人々に近づいて行ければと思います。言葉だけの「寄り添う」ではなく、思いと行い、そして祈りをもって「寄り添う、そばにいる、近づいていきたい」と思います。

 

 

父と子と聖霊の御名によって アーメン

 

 

2019年3月11日 主教座聖堂仙台基督教会にて

主教メッセージ

「『だいじに・東北』2年の歩み」主教メッセージ『普通の教会ができること―を目指して』

1-2 版画 この指とまれ2011年3月11日の東日本大震災発生後、日本聖公会の「いっしょに歩こう!プロジェクト」が正式に立ち上がるまでの約2か月は、まだ最初期の東北教区としての手作りの働き方も続いていた時期であった。それは震災の3日目には始まっていたことで、信徒が徒歩や自転車、また運転の得意な方が運転を担当して、とくに高齢の方たち、被災した信徒を訪ね歩き水や食糧を届け、共に祈っていた。ある意味では「原点」であったが、もちろん限界もあり、この大震災に対しては、日本聖公会全体の取り組みとなるべきと誰もが考え、5月頃から全教区的な働きとしての「いっしょに歩こう!プロジェクト」が立ち上がっていった。一つの大災害に日本聖公会が全体として向き合ったという点で、歴史的な事柄、大きな経験であったと言ってよいと思う。
2年間のプロジェクトが終わり、第2段階の展開として原発・放射能に関する管区の取り組みと、改めて東北教区としての取り組みが始まっていくとき、東北教区として、どのように考え、働いていくのか、改めて問い返すこととなった。

 

大震災発生直後、仙台市内の牧師たちが声をかけあい、1週間後に会合が開かれた。わたしとしては、いつもの市内の牧師たちが集まって、額を寄せあい「さあ、どうしようか」と話し合うものと思って参加したが、その会場はすでに多くの「プロフェッショナルなボランティア団体」、 支援活動の専門家の方たちで溢れていた。「昨日までアフリカの難民支援に行っていました」「何十台の大型トラックとテントと、大きな資金をすぐに用意できます」というような会話が飛び交った。「凄い」と思うと同時に、東北教区の現実も思いつつ、同じようにはできないということも感じた時であった。
「素人」であること、普通の街の教会(パリッシュ)に何ができるか、とその時から考えてきたように思う。現在の教会は「信徒の働き」を大変重要に考えている。信徒という言葉は、英語では lay、ギリシャ語の「ラオス」がもとにあるが、辞書で引くと、「信徒、素人、普通の人、門外漢」と出てくる。教会の中で、「信徒は素人だ」と言うと響きが適切ではない。むしろ特殊な専門家ではないが、良い意味で普通の人として、生活者として、その地に根ざして現実を生きている人たちと言いたいと思う。特殊な専門家は、特定の能力をもって、ある範囲の中で活躍し、それはなくてはならない存在であるが、同時にそれだけではない、日常に根ざした生活者の感覚が何事にも不可欠である。

 

「いっしょに歩こう!プロジェクト」も多くは支援活動専門ではない青年信徒が主体であったが、それでも特別の使命をもって、特別の仕方で集まって、一つの事柄に集中した、という意味では「専門的活動・特別活動」であったと思う。

 

東北教区という、率直に言って、幼稚園・保育園という幼児教育、保育の領域以外では、対社会的な活動の経験が乏しい教区にとって、これからの歩みがいかにして東日本大震災の現実に向き合いつつ、普通の教会として、普通の人として、しかし信仰の深みに触れるような経験を重ねながら、自分たちの属する地域社会と共に生きていくのか。2012年日本聖公会宣教協議会の宣言に即して言えば、教会の「マルトゥリア」(証し)、「ディアコニア」(奉仕)、「コイノニア」(交わり)、そして「レイトゥルギア」(礼拝)の普通の課題として、これからもずっと大震災を覚え続けていく仕方はどのようなものなのかと、それは今も問い続けていることである。そこからは東北の東日本大震災だけではない、各地の災害や、世界の戦争、紛争、多くの人々の苦難と犠牲に対する思いと関心が深まっていく筈と思う。
一方、別の視点からの課題としては、まさに専門性の必要がある。カトリック教会の働きは、教会ももちろんであるが、専門的集団としての「カリタス・ジャパン」、また特別の召命と働き方をすることのできる男女の修道会から大きな力を得ていた。世界のアングリカン・コミュニオンの中にも、災害支援を使命とする専門的な働きが存在する。聖公会は16世紀の宗教改革において、基本的には修道会を廃し、「パリッシュ中心」の教会となったわけで、その大切さと、弱さとが出ているように思える。パリッシュに足を置きながらも、もっと多彩で教会の枠を超えたような働き方も、日本聖公会の中で積極的に考えられてよいのではないだろうか。

 

上に挙げたこと以外に、この間、思い続けたのは「東北であること」の意味であった。もちろん災害や人間の困窮が持つ「普遍性」もあろう。しかしきっと多くの災害や苦難には、その土地の風土、歴史、地理的条件、環境、人々の文化、気質、社会全体の中での置かれた地域の特性というものがあろう。今はこれ以上展開することは出来ないが、「普遍の教会」(公会)でありつつ、ローカルな教会としての東北教区の可能な使命や特徴や、魅力や課題は何なのだろうかと、これからも考え続けていきたい。
何よりも各地にある多くの信徒、教役者と共に、とくに被災地、福島県に生活し働く方々の、その労苦を思いながら、祈りと働きを続けていきたい。

主教 ヨハネ 加藤博道

 

(東北教区東日本大震災被災者支援室報告書「だいじに・東北」2年の歩み)