教区報

主教コラム

ほそ道から 第2回

先月の「ほそ道から」の最後に、方向感覚がずれている自分に気づいたこと、だから「回心の半分、90度だけ自分の磁石を変えて『道に迷わない』ようにしなければなりません」と記しました。これをお読みになって「回心の半分、90度だけって、何が言いたいのだろう、意味不明!?」と思われた方がおられるかもしれませんね。

 

今年は2月14日から大斎節に入りました。大斎節は復活日に洗礼を受ける予定の人々の準備期間として始まったようです。最初は3日から一週間程度だったものが、イエス様が荒野で40日間断食し試みられた物語と結びついて、現在のような「大斎節」になったと考えられています。

 

大斎節の始まりが洗礼準備期間だったということは、私たちがこの期節を守る上で、とても大切な点でしょう。教会問答の問19は、「洗礼を受ける人に必要なことは何か」に対して、「罪を悔い改めて悪の力を退け、イエスを救い主と信じ・・・」と答えています。

 

つまり自らの「罪を悔い改める」ことが、洗礼を受けることを願う人に求められているのです。イエス様の宣教の第一声も「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」でした。この「回心」とか「悔い改め」と訳されている言葉には、「180度向きを変える」という意味があります。つまり今までの自己中心の、自分だけを大切にする生き方から、神様を中心にする、神様と隣人を大切にする生き方に方向転換するということです。

 

私の方向感覚のずれは90度だけ向きを変えればよいのですが、私たちが誤った道に迷いこまないためには、どうすればよいのでしょうか。それは、今の自分がどの方向を向いており、何を大切にしているのかを、自らの心に素直に聴くことから始まるのではないでしょうか。

 

教区主教

あけぼの2018年3月号

ほそ道から 第1回

今月から教区報『あけぼの』のコラムを執筆することになりました。編集担当者から「このコラムの名前はどうしますか」と言われて、「そう言えば加藤主教様の時は『台原だより』とか『欅並木から』。他教区の主教さんのコラムも、洒落た名前がついていたような・・・」。というわけで、コラムの中味とは別のことを考え始めてしまいました。

 

主教室の窓から外を眺めていますと、晩翠通が目に入ります。うん、『晩翠通から』でどうだろう。いやいや、東北教区は仙台だけじゃないし。東北から連想して、みちのく、奥の細道。しかしこれでは芭蕉の真似になってしまう。それじゃあ『ほそ道から』では?   晩翠通も昔は細横丁と呼ばれていたそうですし、こじつけみたいですが、聖書にも「命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか(マタ7・14)」という御言葉がありました。

 

「道」という言葉はとても意味深い言葉のようです。最近も「相撲道」という言葉が盛んに使われていましたし、スポーツだけでなく「茶道」や「華道」のように文化的なものも、日本では「道」になってしまいます。聖書の言葉で「道」というのは、道以外に旅、途中、途上といった意味もあります。その意味では、私たちも「信仰の旅の途上」にいるのでしょう。問題はどの方向を向いて旅しているのか、ということですが。

 

仙台に住み始めて戸惑ったことが一つあります。毎日、車で通勤していますが、主要道路は碁盤目状に近いので、すぐに道を覚えられると思ったのです。ところが時々方向感覚が狂っている自分に気づきました。南に走っていると思ったら、実は西だったりして。今まで生活してきた所では、山は北、海は南でした。ところがこの地は山は西、海は東なのだと。回心の半分、90度だけ自分の磁石を変えて「に迷わない」ようにしなければなりません。

 

教区主教

 

あけぼの2018年2月号

欅並木から 第23回「オ~、お互いを忍耐して~」

かつてわたしはカトリックの学校で学ぶ機会を与えられました。いわゆる「典礼学」(聖公会では礼拝学)の当時の大家・土屋吉正神父のもとで学ぶためでした。もう四半世紀も前ですが、当時そこにはなかなか優れた内外の神学者が揃っておられたと思います。そのお一人がペトロ・ネメシェギ神父という方で、世界のローマ・カトリック教会の神学会議にも属する、イエズス会の司祭であられました。その方の講義が充実していたのは勿論ですが、時に教会や修道会のことをユーモラスに語られることもありました。ある時の話。

 
「修道院は大変で~す。世界中の修道者が集まっています。ドイツ人は理屈ばかり言っていま~す。イタリア人とアメリカ人はいつもうるさい、賑やかで~す。英国人は頑固で~す。日本人はむっつりと黙っていま~す。でもわたしたちは~お互いを忍耐して~、神様の栄光を顕すので~す!!」。

 
教室は笑いに包まれました。もっとも信仰的な成熟した共同体である筈の修道会、修道院です。しかし、ただ皆が気心が知れて仲良しなのではない、まったくありませんと。しかも修道院は基本的には一生付き合うのですから大変そうです。しかし「お互いを忍耐して、神様の栄光を顕す」のですと。

 
わたしは笑いながら、大変印象的な言葉として記憶しました。お互いに仲良く、すべてを認めあえていれば理想的でしょう。しかし修道院でもそんなことはない。いやイエスの十二使徒でさえ、まったくそうではないようです。

 
多様であるということは時にお互いに忍耐を要する、ということと同義なのではないかとさえ思います。それでも同じ神様に召され、「神の栄光を顕すために」、その大きな目的の中に召されているのです。

 
わたしたちの中ではどうでしょうか?

(教区主教)

 

 

あけぼの2017年6月号

 

 

* 主教コラム「欅並木から」は今号をもって終了いたします。ご愛読、ありがとうございました。