東北教区東日本大震災被災者支援プロジェクト

活動報告

「東日本大震災9周年記念の祈り」感謝と報告

新型コロナウイルス感染症の流行という状況の中で、日本聖公会の各教区、各地において、それぞれの仕方で、この日、この時を憶えて祈りが献げられたことと存じます。ヴィデオによる礼拝、ご自宅での祈り等を含めて、それぞれに工夫され、一つの祈りのつながりの中で、ご一緒に東日本大震災被災地、被災者、犠牲者を心に留めて祈ることが出来ましたことを感謝いたします。

 

 

東北教区では予定していました10カ所のうち、仙台基督教会・主教座聖堂はじめ9つの教会で礼拝、祈りの時を持つことが出来ました。人数的にはその合計は大体100名、多いところの数カ所では参加者各24名ほど、あとはそれぞれの状況の中で、基本的には大きな集いになることは避けながら、礼拝が献げられました。他教派からの参加者もあったところ、礼拝は基本的に取り止めと知りながら、どうしても祈りたい思いをもってこられた方と、司祭が二人で祈ったところ、そうした様々な様子を合わせて、以上のようなこととなりました。

 

 

午後2時46分の打鐘を中心に、多くは教役者の司式、勧話でしたが、信徒の方が自身の被災地ボランティアの経験から話された教会もありました。

 

 

 

全国、各地の教会、皆様と思いを合わせての祈りの時が持たれましたことに、重ねて感謝申し上げます。

 

 

2020年3月18日

 

日本聖公会東北教区  教区主教 ヨハネ 吉田雅人

東日本大震災被災者支援プロジェクト・リーダー

              主教 ヨハネ 加藤博道

 

 

2月の活動報告

◎東日本大震災被災者支援プロジェクト【2月の活動報告】

 

〔新地町広畑お茶会〕
2月28日(金)
地域の方を対象に、仙台から数名のボランティアとともに行われました。

 

〔水曜喫茶〕
2月5日(水)
2月19日(水)
上記2回開催しました。

 

〔お買い物支援〕
名取市閖上の復興住宅に居住の方々を名取市の大型ショッピングモールへご案内しています。
毎週木曜日午前中に定期的に欠かさず開催しております。毎回平均4~5名の参加があります。

 

〔東日本大震災9周年記念の祈りに向けて〕
3月11日の大震災9周年記念の日を迎えるため、教区内教会における礼拝日程を調整、また式文を作成し教区のホームページに掲載、さらに管区のホームページにも掲載のお願いをいたしました。

 

そうした中、新型コロナウイルス感染症流行のことがいよいよ緊迫した課題となり、関係者と協議の上、3月中の定期的な支援プログラムは中止、さらに3月11日の礼拝のあり方についても29日、教区主教とプロジェクト・リーダーの名前によって全教役者、教会に対して基本的な指針の文書を送付いたしました。各開催教会において、十分な配慮と柔軟性をもって対応いただくようにとの要請でした。
 

1月の活動報告

◎東日本大震災被災者支援プロジェクト【1月の活動報告】

 

〔新地町広畑お茶会〕
1月17日(金)
地域から12名の方が、仙台からボランティアとして8名が参加しました。

 

〔水曜喫茶〕
1月8日(水)
地域から7名、地域のスタッフが2名、プロジェクトから2名が参加しました。
1月22日(水)
地域から5名、地域のスタッフが2名、プロジェクトから3名が参加しました。

 

〔お買い物支援〕
名取市閖上の復興住宅に居住の方々を名取市の大型ショッピングモールへご案内しています。
毎週木曜日午前中に定期的に欠かさず開催しております。毎回平均4~5名の参加があります。

 

〔映画『福島は語る』上映会の開催〕
今月は11日(土)に映画『福島は語る』(土井敏邦監督)の上映会を仙台基督教会・主教座聖堂にて行いました。教会関係者、一般の方を含めて48名が参加、登場された14人の原発事故被災者の方々のお顔が画面いっぱいにクローズアップされ、それぞれの胸中と置かれている状況が赤裸々に語られていきます。聴衆の多くも涙ぐみ、強い印象を受けられた様子でした。11日ですので約170分の上映時間の間、午後2時46分の前後に祈りと黙祷の時を持ちました。DVDを申し込むことによって、どこでも少人数から大人数まで、上映会を開催することが出来ますので、ぜひ全国の教会でも多くの方々に鑑賞いただきたく、お勧めいたします。日本聖公会管区の「原発問題プロジェクト」からも同様の呼びかけがなされると伺っています。

 

 

9年目の3月11日が近づいています。東北教区内では10カ所の教会で記念の礼拝が行われます。また式文も作成して管区と東北教区のホームページにすでにアップされています。そちらもどうぞご覧ください。3月11日当日に、あるいは近い日曜日等、それぞれに可能な仕方で、各地で祈りが捧げられますよう願っています。

 

11月、12月の活動報告

◎東日本大震災被災者支援プロジェクト【11、12月の活動報告】

 

11月、12月共に定例のプログラムが続いています。

 


〔新地町広畑お茶会〕

11月15日(金)
地域から9名の方が、仙台からボランティアとして10名が参加しました。
12月13日(金)
地域からの13名の参加者、仙台からボランティア8名が参加。
毎回のようにケーキを楽しみ、歌を歌う他にサンタクロースが登場、とくに参加者それぞれが「押し花」を作ってきれいな額にして持ち帰る、というプログラムが盛り上がっていました(写真)。

 


〔水曜喫茶〕

11月6日(水)
地域から8名、中部教区から3名、そして地域のスタッフとプロジェクトからボランティアが計5名参加。
11月20日(水)
地域から7名、地域スタッフ2名、プロジェクトから2名、そして九州教区、北関東からの訪問者等4名が参加されました。
毎回定期的にケーキ等送ってくださる教会、学校、そして訪ねてくださる方々に励まされています。
12月4日(水)
地域から8名の参加、ボランティア2名、プロジェクトから1名。
12月18日(水)
地域から8名、ボランティア2名、プロジェクトから2名。
クリスマス会を行いました。
原発事故のあと、本当に突然家を離れさせられ、目の前にある家に最低限のものを取りに帰ることも許されなかった、そしてそのまま何か所もの避難地を着の身着のまま廻ることになり、家に短時間戻ることが許されたのは7月、しかし家はもう見る影もなかったと。こうした話は本当に昨日のことのように語られています。

 


〔お買い物支援〕

毎週木曜日午前中に定期的に開催。毎回平均4~5名の参加。
名取市閖上の復興住宅から名取市の大型ショッピングモールまでご案内しています。

 


〔第6回被災地巡りツアーの開催〕
11月16日には第6回の「被災地巡りツアー」が実施され、「南相馬から小高・浪江・富岡方面」を訪ねました。参加者4名、スタッフ参加4名、現地にてカリタス南相馬のスタッフの方にガイドをお願いし大変お世話になりました。車の前を悠々と横切る大きなイノシシに驚く場面も。その他、参加者それぞれ簡単には言葉に出来ない現実を見ながら帰ってきました。

 


〔11日の祈り〕

2020年1月11日(土)には映画「福島は語る」を仙台・主教座聖堂にて上映します。そして3月11日、大震災9周年を迎えることとなります。東北教区全体、そして全国の皆様に祈りの時を共にしていただければと願っています(1月末に全国の教会にご案内をお送りいたします)。

 


〔その他〕

日本キリスト教団の関係者の方、とくに「放射能問題支援対策室」の方が、長く原発事故による汚染の研究、取り組みをされている医師の方を新地町に案内され、「水曜喫茶」メンバー3人の話を聞かれていきました。
2019年から東北教区の機構の改革により名称が「プロジェクト」となりました。しかし変わることにない全国からのお祈り、ご支援に感謝いたします。

 

 

第6回被災地巡りツアー(南相馬から小高、浪江、富岡、大熊方面へ)が実施されました。

11月16日(土)、東北教区の東日本大震災被災者支援プロジェクト主催による第6回被災地巡りツアーが行われました。今回は東京電力福島第一原子力発電所事故による帰還困難区域を中心に、スタッフを含めて参加者8名で巡ってきました。朝9時に仙台の主教座聖堂を出発、夕方6時帰着の長い時間でしたが、さまざまな思いを与えられた一日となりました。カトリック教会の「カリタス南相馬」のスタッフの方にガイドをお願い出来たことも幸いでした。はじめにカリタス南相馬でオリエンテーションを受け、その後、浪江、双葉、大熊、富岡と巡っていきました。車の前を悠々と横切る大きな猪に驚く一幕も。また富岡町にある東京電力の「廃炉資料館」(廃炉に向けてのPRセンターと言えるでしょうか)の立派な施設をやや複雑な思いを持ちながら見学しました。何と言っても、大熊町を中心に広大な地域、そして立派な住宅街が「帰還困難区域」として封鎖されている光景に、参加者は皆、言葉に出来ない思いを抱きながら帰ってきました。

 


◎帰還困難区域バリケード(富岡町)