主教室より

主教メッセージ

2019年イースターメッセージ「ここにはおられない」

主イエス・キリストのご復活をお祝いいたします。

 

イエス様の復活の最初の証人に選ばられたのは、マグダラのマリアを初めとする3人の女性でした。イエス様は安息日が始まる直前に十字架で死なれたために、本格的なお葬式の準備ができませんでした。そこで彼女たちは、埋葬の準備のためにご遺体に塗る香料を買って、アリマタヤのヨセフの墓まで行ったのです。彼女たちの心配は、墓の入り口をふさいでいる大きな石を、誰が取り除けてくれるだろうかということでした。彼女たちは自分たちのしなければならないことに心を集中することで、イエス様が死なれた悲しみを忘れ、傷ついた心を癒そうとしたのです。

 

empty_tomb彼女たちが墓に着いた時、心配していた大きな石は除かれていました。中に入ると、イエス様のご遺体はなく、その空虚な墓の中で、彼女たちは白い衣を着た若者に出会います。その若者(たぶん天使)は、「イエス様は復活なさって、ここにはおられない。弟子たちとペトロに告げなさい。『あの方は、あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。かねて言われたとおり、そこでお目にかかれる』」と告げたのです。そう言われても、「イエス様は復活なさって、ここにはおられない。ガリラヤでお目にかかれる」と言われても、彼女たちはその言葉の意味が理解できませんでした。

 

むしろ「ここにはおられない」という悲しい言葉、絶望の言葉、希望のひとかけらもない言葉だけが耳に入ってきたのでしょう。彼女たちにできることは、半狂乱になって墓から逃げ去ることだけでした。

 

天使は「弟子たちとペトロに告げなさい」と言ったのですが、その言葉も耳に入らなかったのです。

 

 

マルコ福音書はここで終わっています。それ以外の福音書では、ご復活のイエス様が「あなたがたに平和があるように」とか「弟子たちは主を見て喜んだ」といった表現がありますが、マルコはイエス様が復活されたという事実だけを述べています。それは私たちにとっては頭では理解できない事柄です。

 

ここで大切なことは、「イエス様は復活なさって、ここにはおられない。ガリラヤでお目にかかれる」と天使が告げたことです。十字架に死なれたイエス様はエルサレムにはおられないけれども、ガリラヤでお目にかかれる。死んだイエス様にはお目にかかれないけれども、復活されたイエス様には別のところでお目にかかれる、という点なのです。

 

別のところ、それはガリラヤでありローマであり、この東北の地でも、ご復活のイエス様にお目にかかれるのです。私たちが「主イエス・キリストよ、おいでください。弟子たちの中に立ち、復活のみ姿を現されたように、私たちのうちにもお臨みください。」と心を合わせて祈る時、イエス様は私たちにもご復活のみ姿を現してくださるのです。

 

 

ご復活のイエス様に目を注ぎ、心を向け、出会う時、私たちの心は大きな喜びで満たされます。イエス様のご復活を喜ぶ私たちの大きな喜びを、感謝の思いを、理屈ではなく私たちの生活を通して、この地に住んでおられる多くの人々に告げ知らせ、分かち合っていきたい、私たちの生活を通して人々に示していきたいと思います。

 

主教 ヨハネ 吉田 雅人

(あけぼの2019年5月号巻頭言)

2019年 新年メッセージ「わたしにできることを献げます みんなで力を合わせて献げます」

 主イエス・キリストのご降誕をお祝いする期節から、異邦人にもその栄光を現された顕現節へと移るその最初の日、1月6日の顕現日の特祷は「星の導きによって、独りのみ子を東の博士たちに現された神よ」と祈り始めます。

 

 

キリストと3人の博士 「東の博士たち(口語訳)」というと信頼できそうですが、新共同訳聖書では「東の方から来た占星術の学者たち」で、何となく怪しげな感じがしませんか。彼らはバビロン出身の異邦人だったのですが、神様は彼らにもキリスト=救い主の顕現を、占星術の学者たちにとってはなじみ深い「星」を用いるという仕方でお知らせになりました。

 

 マタイ伝はこの時の様子を、東方で見た星が・・・幼子のいる場所の上に止まった時、「彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた」と記しています。(2・1~12)

 

 黄金、乳香、没薬。これらはいずれも高価で、特に乳香と没薬は貴重な輸入品でした。乳香は神殿祭儀のほか、防腐剤として、没薬は結婚式の時の香料や埋葬の際の芳香剤であり、宗教的な表敬の贈り物でもあったそうです。

 

 異邦人だった「占星術の学者たち」が、これらの貴重なものを、人間が居るべき場所ではない所、生まれたての赤ちゃんが寝かされるような場所ではない飼い葉桶に寝ている幼子に、「献げた」のです。

 

 

 この「献げる」という行為は、私たちも主日礼拝の中(信施・供え物)で、また日常生活の中(日々のお祈り)で行っています。私たちの献げものは、見た目には「占星術の学者たち」のような高価で貴重なものではないように思えるかもしれません。

 

 私たちが聖餐式の中で必ず献げるのは「供え物」すなわちパンとぶどう酒です。これは主イエスが最後の晩餐の時に、「わたしの記念としてこのように行いなさい」と命じられたこと基づいています。そしてこのパンとぶどう酒はまた、大地の実り、私たちの世界と生活、私たちの毎日の手の業と苦労をも意味しています。すなわち私たちの生活のすべて、私たちの人生、私たち自身を献げるのです。

 

 

 昨年の教区会で5年・10年展望会議から、「東北教区宣教方針」が報告されました。方針は2つで、「献げること・開くこと」です。「献げること」では次のように述べられています。「わたしにできることを献げます、みんなで力を合わせて献げます」。

 

 では、わたしにもできる献げものとは何でしょうか。この1年、そのことを探し求め、私にもできるものを、皆で力を合わせて献げていきたいと思います。

 

主教 ヨハネ 吉田 雅人

2018年 イースターメッセージ「復活の主と結ばれる」

「イエス様の復活」という出来事は、誰にとってもなかなか理解しがたいことです。これは何も現代人に限ったことではなく、イエス様と共に生きた弟子たちも同様でした。では、ご復活の主との出会いとは、どのように起るのでしょうか。

 

 

クレオパの出会い

 

復活の日の夕方、クレオパという弟子ともう一人がエルサレムからエマオの村へ逃げる途中、一人の男と出会います。彼らはその男とイエス様の出来事について語り合いますが、それがイエスだとは気づきませんでした。彼らが主と出会うことが出来たのは、復活の主がパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになったとき、即ち共に聖餐の交わりに与ったとき初めて、「イエスだと分かった」とルカは報告しています。

 

 

見ないで信じられるか

 

復活の日の夕方、他の弟子たちと一緒にいなかったトマスは、自分の目で見、手で触れたもの以外は信じないと主張しました。そのトマスに対して復活のイエス様は「見ないで信じる者は幸い」と言われます。このトマスの体験は自分の目で見て確認できることだけが真実であると考えている現代人に、大きな問題を提起しているように思います。

 

私たちは、自分の目で見て確認したから信じるのでしょうか。いや、自分の目で見、声を聞いても信じることが出来ないこともある、ということを、クレオパの体験が明らかにしています。彼らが復活のイエス様を信じたのは、自分の目で見、声を聞くということとは、もう一つ次元の違う事柄でした。つまり見る・体験することと、信じることとの間には、それを結ぶもう一つ別の何かが必要です。それは一体何なのでしょうか。

 

 

体験と信仰を結ぶもの

 

クレオパは復活のイエス様の姿を見、話しを聞いたのに、イエス様とは認めることができませんでした。トマスは目で見、手で触れたもの以外は信じないと言っていたのに、復活のイエス様に会った途端、それを自分の方法で確認することなしに、「私の主、私の神よ」と告白します。

 

トマスとクレオパに起った出来事は、全く正反対のように見えて、同じ事柄なのです。一つの共通する出来事が結びつけたからこそ、彼らは信じる者にされたのです。その共通する出来事とは、イエス様が彼らに関わられたということです。トマスに対して主は、「信じない者ではなく、信じる者になりなさい」と言われ、クレオパに対しては、聖餐という交わりの中に迎え入れて下さいました。イエス様は、信じないからお前は駄目だ、認めないからお前は駄目だと切り捨てることなく、彼らを受け入れて下さったのです。

 

イエス様が信じることのできない自分をも大切にし、受け入れて下さっているということが、彼らに復活の主の真実を信じ、認めさせたのです。

 

これは現代を生きる私たちにも、そしてすべての人にも体験できることです。イエス様が私たちを大切にし、受け入れて下さったことを、私たちが他者を愛し、受け入れることを通して、その人と復活の主を結びつけるのです。

 

私たちはこのために召された小さな器です。この召しにかなうよう、感謝と喜びをもって主と他者に仕える者になりたいと思います。

 

主教 ヨハネ 吉田 雅人

新主教メッセージ 「耳を傾けて聴く」

東北教区の諸教会・伝道所にあって、キリスト・イエスに結ばれている信徒・聖職の皆様へ。主のご降誕をお祝いし、新年の始まりのご挨拶を申し上げます。

私は2017年使徒聖アンデレ日に公会の主教職に按手聖別され、東北教区主教として着座いたしました、ヨハネ吉田 雅人と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

少しだけ自己紹介

 

私は1953年に兵庫県姫路市で生まれ育ちました。大学・神学校の7年間は東京でしたが、神学校卒業後は23年間、神戸教区の諸教会で牧会者として働いてきました。その後2002年から15年間、京都のウイリアムス神学館で奉仕職養成と牧会の働きに携わらせていただきました。

 

 

思いもかけないことが

 

定年までの何年かは、顔と顔が見える規模の教会で、一牧会者として信徒の方々との交わりを通して仕えたいと、心密かに願っていました。しかしそのような私の勝手な願いをはるかに超えた出来事、思いもかけないことが起こりました。
お知らせをいただいたとき、まず脳裏に浮かんだのは「自分はそのような器ではないのに」ということでした。存じあげている主教様方をみても、自分にその職務を果たす能力などないことは、よく分っているつもりです。
8月下旬には常置委員長さんがお見えになり、いろいろお話をうかがいました。ことに3回にわたって、聖職や信徒代議員、信徒有志の方々が集まり、学びと話し合いの時を持たれたことをお聞きしたとき、誰が選出されるにせよ、教区の皆様の並々ならぬ思いを、とても強く感じました。
とはいえ、「自分はその器ではない」という思いは、簡単に消えるものではありませんでした。

 

 

「・・・にすぎないと言ってはならい」

 

「あなたはただ若者にすぎないと言ってはならない。・・・わたしがつかわす人へ行き、あなたに命じることをみな語らなければならない。・・・わたしがあなたと共にいて・・・」(口語訳聖書 エレ1・7-8)
これは私が神学生時代に、自分は本当に聖職に召されているのかと悩んでいた時、使徒聖パウロ回心日の前夕晩祷で朗読された日課の一節です。この御言葉によって、祈ることすらできなくなっていた私は、新たな召命感をいただくことができたと思っています。この御言葉は、その後の私の人生の中で、折に触れて心に浮かんでおりました。
この度も、この御言葉が私にも与えられたと信じて、歩み出したいと思いました。

 

 

皆さんと共に歩む

 

主教職は、私にとって未知の職務です。もちろん理屈ではある程度分かっているつもりですが、それも理屈でしかありません。
主教按手式文で「あなたは仕えられるためではなく、仕えるため・・・に来られた方に従うとき」と言われ、司牧のしるしである牧杖を渡されることが、その職務を現していると思います。つまり、自らを主張する前に教区の皆さんの声に、被災地の皆さんの声に耳を傾けて聴くこと。これが最初の任務だと思います。そして東北教区の全ての教会が、イエス様に従う器として用いられるよう、皆さんと共に歩んでいきたいと思います。

主教 ヨハネ 吉田 雅人

教会を信じる ―教区主教退任にあたり―

「わたしは神を信じる」あるいは「イエス・キリストを信じる」という信仰告白は言うまでもなく中心的なことですが、「わたしは教会を信じる」という言い方は、あまり馴染みがないと皆様は思われるでしょうか。

 

わたしは東北教区に主教として招かれた時から今まで、「教会を信じて」歩んできた、あるいは走ってきたように思います。別な言い方をすれば「教会を愛して」とも言っていいでしょう。もちろんこの「愛する」は人間関係、夫婦関係においてもそうであるように、お互いに完全無欠で一点の欠けもないから、という愛し方ではなく、そこにある破れや痛みも含めて、時にはお互いに忍耐を強いられることがあったとしても、一緒にやっていこう、というような愛し方であると言えます。それは当然のことと思います。

 

もちろん教会は日本中、世界中にありますが、わたしの人生の中心部分と言っていいこの14年間を思いもかけず東北教区と出会い、皆様と出会って一緒に働いてこられたことをかけがいのないこととして感謝しています。わたし自身の欠点も多く、皆様に忍耐いただいたことも多いと思っています。本当にありがとうございました。

 

2015年秋の定期教区会時に不調となり議長を続けられない状況となって、それ以降、皆様から心配されペースダウンしながら働きを続けてきました。しかしそれで解決することではなく、またやはり今この時、東北教区主教というものをペースダウンして続けていくということではないと決断いたしました。かなりの時間をかけて常置委員会と話し合い、植松誠首座主教はじめ各主教方に意見やアドヴァイスをいただき、ここに至りました。

 

「教区主教退任」であって、日本聖公会聖職としての「退職」ではありませんので、少なくとも定年までの2年強、さらに東北教区において皆様と共に祈り、働く機会も与えられるよう願っています。

 

最初の話に戻りますが、「教会を信じる」という言葉は、実ははっきりと「ニケヤ信経」また「使徒信経」の中に表明されている信仰告白です。ニケヤ信経では「使徒たちからの唯一の聖なる公会を信じます」とあり、使徒信経では「聖なる公会、聖徒の交わり、罪の赦し、体のよみがえり、永遠の命を信じます」とあります。それらは共に「聖霊を信じる」という告白の中に包含されています。

 

「ウナ(一つの)」「サンクタ(聖なる)」「カソリカ(普遍の)」「アポストリカ(使徒的な)」教会を信じる、というのが原語に近い表現です。そしてそれはもちろん三位一体の信仰の中で、聖霊の働きへの信頼の元で語られています。決してただ人間的組織・集団としての教会が完全だと表明しているのではありません。聖霊の働きへの、そしてそれを通しての神と人との、また人間同士の交わりへの信頼なのです。残念ながらわたしたちは「神」を直接見、「主イエス」に直接触れることは出来ません。ですから主の昇天と聖霊降臨の時以来、教会、とくにその礼拝が、目に見える形として神とキリストを伝える「器・道具」となってきました。「教会がサクラメント」であるというのは、現代の比較的新しい理解です。「目に見えない神の恵みの、見える(地上的な)しるし」なのです。

 

わたしはその教会に情熱を懸けて、あるいは賭けてきたと思っています。しかし教会がゴールではありません。その先にある永遠に向けて、教会は開いた扉、風通しのよい窓でなくてはならない、そうありたいと願ってきました。またこれからも願っていきたいと思います。

 

東北教区に集うすべての信徒の皆様、教役者、関係する幼稚園、保育園で働く皆様、教務所、支え続けてくださった一般財団法人白石庵敬神会の関係者の方々、さらに東日本大震災の折も含めて、いつも東北教区と主教の働きのために祈り続けてくださった皆様、この14年間に出会ったすべての方々に感謝を申し上げます。そしてますます豊かな主の祝福のもと、日々新しい思いをもって東北教区、また日本聖公会の歩みが続いていきますよう、心からお祈りいたします。

 

主教 ヨハネ 加藤 博道