お知らせ

お知らせ - 2018年の記事

第1回 被災地巡りランチツアー

2018年6月16日(土)、東日本大震災支援室主催の「第1回 被災地巡りランチツアー」が開催されました。

これは、交通手段や行き方が分からなかったり、一人ではなかなか訪れることができなかった方にも、

震災から7年経った被災地の今を実際に見て知っていただきたいと思い、企画いたしました。

この日のコースは、主教座聖堂を出発し、名取市閖上周辺→「震災遺稿仙台市立荒浜小学校」→

ランチタイム「もろやファームキッチン」→東松島市JR仙石線旧野蒜駅「東松島市震災復興伝承館」を周りました。

被災地巡りランチツアー

今回参加したメンバーです。

被災地巡りランチツアー

先ずは、名取市閖上地区を一周して現状を見てもらい日和山へ立ち寄りました。

被災地巡りランチツアー

いまだに荒涼とした光景に、みなさん驚かれていました。

被災地巡りランチツアー

震災慰霊碑「芽生の塔」へ移動し、祈りを捧げました。 この芽生の塔の先端の高さは8.4m、押し寄せた津波の高さになっています。

被災地巡りランチツアー

次に訪ねたのが「震災遺構 仙台市立荒浜小学校」です。 閖上地区から、名取川を挟んで北へ車で15分ほどの所にあります。

被災地巡りランチツアー

案内の方から震災遺稿の説明を受けました。

被災地巡りランチツアー

遠くから見るとなんの損傷もなく見える小学校の校舎に、津波の跡がしっかり残っていました。

被災地巡りランチツアー

建物内はもっと酷い状態でした。

被災地巡りランチツアー

言葉を失います。 今は何もないですが、車が数台押し込まれていたそうです。

被災地巡りランチツアー

二階のベランダのコンクリート壁を突き破り、窓ガラスが割れ、一気に海水が流入したそうです。

被災地巡りランチツアー

以前、集落があった荒浜井戸浜地区の模型です。

被災地巡りランチツアー

黒板には、地域の子どもたちの寄せ書きが残されています。

被災地巡りランチツアー

ビデオコーナーに移動して、記録映像を見ました。

被災地巡りランチツアー

ビデオを見た後にパネルにて説明を受けました。

被災地巡りランチツアー

荒浜小学校の体育館にあった大時計は、津波到達時刻の15時55分で止まっています。

被災地巡りランチツアー

屋上にある防災放送設備です。この震災遺構になった荒浜小学校は津波災害指定避難所にもなっています。 防災放送設備が屋上に設置されています。 これを使うことが無いことを祈りたいですが、災害はいつかまた必ずやって来ます。 備えは十分に行っておくことが大切だと思います。

被災地巡りランチツアー

約1時間の案内、ありがとうございました。

被災地巡りランチツアー

ランチタイムは野菜料理が美味しい「もろやファームキッチン」へ移動です。 震災遺構の荒浜小学校から車で約15分の所にあります。

被災地巡りランチツアー

こちらは、被災された農家レストランの方が、震災後場所を移して再建されたお店です。採れたて野菜の日替り一汁四菜ランチをいただきました。

被災地巡りランチツアー

ランチの後に、この日の最後の震災訪問地、東松島市震災復興伝承館へ移動しました。 伝承館はJR仙石線、旧野蒜駅舎を利用しています。

 

被災地巡りランチツアー

ここもスタッフの方に案内をお願いしていました。

被災地巡りランチツアー

鯉のぼりの上にある赤いラインが津波到達の水位になります。

被災地巡りランチツアー

彼女も津波被災者で、当時の事を生々しく語ってくれました。

被災地巡りランチツアー

ここはパネル展示が充実しています。

被災地巡りランチツアー

ここでも、震災ビデオを鑑賞しました。

被災地巡りランチツアー

伝承館を見学した後に、旧野蒜駅と追悼モニュメントを見ました。

被災地巡りランチツアー

この震災モニュメントの上の部分が津波の高さを表しています。

被災地巡りランチツアー

ここで合流したMさんの案内でJR仙石線、新野蒜駅を訪ねました。

被災地巡りランチツアー

Mさんもここ野蒜の家が全壊する被害を受け、高台の場所に家を再建されています。色々な震災体験を話されてくれました。

被災地巡りランチツアー

みなさん、お疲れ様でした。 次回の「被災地巡りランチツアー」は、8月末を計画しています。