教区報

主教コラム - ほそ道からの記事

ほそ道から 第3回「祈ること、祈られること」

「イースターが早い年は、春の訪れも早い」と昔から言い伝えられているそうですが、本当に今年の桜は早く咲きはじめました。主教館の庭も、最初にふきのとうが芽を出しました。それから水仙、スズラン、梅、土筆、たんぽぽ、れんぎょう、ゆきやなぎが次々と花を咲かせ、最後に鉢植えの桜が満開になりました。

 

その桜に先立つこと1ヵ月ほど前の3月11日、私たちは東日本大震災の7回目の記念の日を迎えました。今年はこの日が主日だったこともあり、一個所に集まって記念礼拝を守ることはできませんでしたが、宣教部のご尽力もあって「同じ時 想いを一つに 皆で祈りを」をテーマに、「午後2時46分の黙想」を各地で持つことができました。

 

この祈りの時は、日本聖公会のすべての教会にも呼びかけられました。その呼びかけに多くの教会が応えてくださったように思います。私が以前に勤務した教会でも、信徒の皆さんが想いを一つにして、祈ってくださったとのお知らせをいただきました。

 

本当に感謝でした。そしてそれは、「祈りを共にできた」ことへの感謝である以上に、「祈っていただいた」ことへの感謝なのだと思います。

 

今から23年前の阪神淡路大震災の時、神戸聖ミカエル大聖堂では震災後3日目から早朝聖餐式を再開しました。その聖餐式の代祷で、他管区の働きを覚えて祈る時、同時に世界の教会が被災地・被災者のことを覚えて祈ってくださっている、そのことをリアルに感じて、ふいに涙がこぼれたことを思い出しました。

 

他者を覚えて祈ることの大切さと同時に、他者に祈っていただいている自分がいる、ということへの感謝の思いを大切にしたいと思います。祈り・祈られる関係の中で、私たちが祈りの花束を満開にできれば、どんなにすばらしいことでしょうか。

教区主教

 

あけぼの2018年6月号

ほそ道から 第2回

先月の「ほそ道から」の最後に、方向感覚がずれている自分に気づいたこと、だから「回心の半分、90度だけ自分の磁石を変えて『道に迷わない』ようにしなければなりません」と記しました。これをお読みになって「回心の半分、90度だけって、何が言いたいのだろう、意味不明!?」と思われた方がおられるかもしれませんね。

 

今年は2月14日から大斎節に入りました。大斎節は復活日に洗礼を受ける予定の人々の準備期間として始まったようです。最初は3日から一週間程度だったものが、イエス様が荒野で40日間断食し試みられた物語と結びついて、現在のような「大斎節」になったと考えられています。

 

大斎節の始まりが洗礼準備期間だったということは、私たちがこの期節を守る上で、とても大切な点でしょう。教会問答の問19は、「洗礼を受ける人に必要なことは何か」に対して、「罪を悔い改めて悪の力を退け、イエスを救い主と信じ・・・」と答えています。

 

つまり自らの「罪を悔い改める」ことが、洗礼を受けることを願う人に求められているのです。イエス様の宣教の第一声も「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」でした。この「回心」とか「悔い改め」と訳されている言葉には、「180度向きを変える」という意味があります。つまり今までの自己中心の、自分だけを大切にする生き方から、神様を中心にする、神様と隣人を大切にする生き方に方向転換するということです。

 

私の方向感覚のずれは90度だけ向きを変えればよいのですが、私たちが誤った道に迷いこまないためには、どうすればよいのでしょうか。それは、今の自分がどの方向を向いており、何を大切にしているのかを、自らの心に素直に聴くことから始まるのではないでしょうか。

 

教区主教

あけぼの2018年3月号

ほそ道から 第1回

今月から教区報『あけぼの』のコラムを執筆することになりました。編集担当者から「このコラムの名前はどうしますか」と言われて、「そう言えば加藤主教様の時は『台原だより』とか『欅並木から』。他教区の主教さんのコラムも、洒落た名前がついていたような・・・」。というわけで、コラムの中味とは別のことを考え始めてしまいました。

 

主教室の窓から外を眺めていますと、晩翠通が目に入ります。うん、『晩翠通から』でどうだろう。いやいや、東北教区は仙台だけじゃないし。東北から連想して、みちのく、奥の細道。しかしこれでは芭蕉の真似になってしまう。それじゃあ『ほそ道から』では?   晩翠通も昔は細横丁と呼ばれていたそうですし、こじつけみたいですが、聖書にも「命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか(マタ7・14)」という御言葉がありました。

 

「道」という言葉はとても意味深い言葉のようです。最近も「相撲道」という言葉が盛んに使われていましたし、スポーツだけでなく「茶道」や「華道」のように文化的なものも、日本では「道」になってしまいます。聖書の言葉で「道」というのは、道以外に旅、途中、途上といった意味もあります。その意味では、私たちも「信仰の旅の途上」にいるのでしょう。問題はどの方向を向いて旅しているのか、ということですが。

 

仙台に住み始めて戸惑ったことが一つあります。毎日、車で通勤していますが、主要道路は碁盤目状に近いので、すぐに道を覚えられると思ったのです。ところが時々方向感覚が狂っている自分に気づきました。南に走っていると思ったら、実は西だったりして。今まで生活してきた所では、山は北、海は南でした。ところがこの地は山は西、海は東なのだと。回心の半分、90度だけ自分の磁石を変えて「に迷わない」ようにしなければなりません。

 

教区主教

 

あけぼの2018年2月号