教区報

主教コラム - ほそ道からの記事

ほそ道から 第5回「痛みを共に担うには」

6月24日(日)、礼拝堂聖別一周年を迎えた磯山聖ヨハネ教会を巡回しました。加藤主教様を始め信徒の皆さんと感謝の聖餐式をお献げした後、午後は祈りの庭での短い黙想、そして祈りの庭から海に向かって車で3分の所にある、磯山展望緑地に移動しました。

 

ここには、磯山の信徒の方々をはじめとする埒浜地区有志の方々の寄付によって、歌碑が建立されていました。碑には歌人の本多俊子さんが詠まれた、次のような歌が刻まれています。

 

磯山の
  枯れ葦原乃 津波跡
     舞ひていとほし
            鎮魂の雪

 

いろいろな哀しみが漂う、声にすると涙もこぼれそうな、そんな歌でした。

 

阪神・淡路大震災から23年、東日本大震災から7年。それ以降、どれだけの自然災害が起こり、多くの人々の命が失われ、傷つかれたことでしょうか。昨年から今年だけでも、九州北部豪雨や大阪北部地震、先日の西日本豪雨など、「想定外」という言葉が色あせるほどの災害が頻発しています。わたしたちはどうしたらよいのでしょうか。

 

神様にかたどって創られた人間に委ねられた任務、神様が極めて良いものとして創造された世界の管理責任(創世記第1章)を、人間が御心に適うように果たしているだろうか? それが問われているように思えてなりません。

 

神戸教区では倉敷と広島にボランティアセンターを立ち上げ、近くボランティアの募集を始めるそうです。それに参加することも私たちの任務の果たし方でしょう。参加できなくても、日々の祈りをもって支える、それも大切な働き、任務の果たし方だと思います。私たちが自分のできるやり方で、痛みを共に担うことができますように。

教区主教

あけぼの2018年8月号

ほそ道から 第4回「終わりの始まり」

5月24日(木)、長谷川司祭、竹石教務所主事、吉田憲子姉の4人で福島県白河市に向かいました。白河行きの目的は、昨年の教区会で基本財産処分が決議された、白河基督聖公会の礼拝堂聖別解除式を行うためでした。

 

教区史を紐解いてみますと、1917年にマキム主教が伝道説教のために白河に来られ、1931年に本格的な宣教活動が始まっています。そして4年後の1935年には教会として活動を始めています。また1968年には現在地に、新しい礼拝堂が奉献され、希望に満ちた歩みを始めました。しかし、残念なことに教勢は期待されたようには伸びなかったようです。白河に関わられた信徒や聖職の皆さんには申し訳ないことですが、この地における宣教活動は断念せざるを得ませんでした。

 

訪れた白河基督聖公会は、白河小峰城址を東に望む閑静な住宅地の中に、静かにたたずんでいました。聖堂周りの広い敷地には、春の草花が美しく咲き乱れています。

 

その静けさの中で、聖別から満50年を迎えたこの聖堂での、最後の聖餐式の準備をしました。そして在りし日のこの聖堂での礼拝に思いを巡らせつつ、この聖堂から御国に旅立っていかれた信仰の諸先輩方との聖徒の交わりを感じつつ、聖餐をお献げしました。陪餐後の祈りに続いて、「礼拝堂聖別解除式」を行い、感謝とともにこの聖堂・祭壇などの聖別解除を願いました。

 

礼拝堂聖別解除というのは、私自身の経験の中では、新しい礼拝堂建築のために行われたものでした。ですから完全に礼拝堂を閉じてしまうという、このたびのような経験は全く初めてでした。

 

しかしこれは終わりではなく、新たな始まりにしたいと願います。神様と隣人に仕える新たな宣教活動の礎として、この地での経験を、別の場で用いていきたいと思います。

教区主教

 

あけぼの2018年7月号

ほそ道から 第3回「祈ること、祈られること」

「イースターが早い年は、春の訪れも早い」と昔から言い伝えられているそうですが、本当に今年の桜は早く咲きはじめました。主教館の庭も、最初にふきのとうが芽を出しました。それから水仙、スズラン、梅、土筆、たんぽぽ、れんぎょう、ゆきやなぎが次々と花を咲かせ、最後に鉢植えの桜が満開になりました。

 

その桜に先立つこと1ヵ月ほど前の3月11日、私たちは東日本大震災の7回目の記念の日を迎えました。今年はこの日が主日だったこともあり、一個所に集まって記念礼拝を守ることはできませんでしたが、宣教部のご尽力もあって「同じ時 想いを一つに 皆で祈りを」をテーマに、「午後2時46分の黙想」を各地で持つことができました。

 

この祈りの時は、日本聖公会のすべての教会にも呼びかけられました。その呼びかけに多くの教会が応えてくださったように思います。私が以前に勤務した教会でも、信徒の皆さんが想いを一つにして、祈ってくださったとのお知らせをいただきました。

 

本当に感謝でした。そしてそれは、「祈りを共にできた」ことへの感謝である以上に、「祈っていただいた」ことへの感謝なのだと思います。

 

今から23年前の阪神淡路大震災の時、神戸聖ミカエル大聖堂では震災後3日目から早朝聖餐式を再開しました。その聖餐式の代祷で、他管区の働きを覚えて祈る時、同時に世界の教会が被災地・被災者のことを覚えて祈ってくださっている、そのことをリアルに感じて、ふいに涙がこぼれたことを思い出しました。

 

他者を覚えて祈ることの大切さと同時に、他者に祈っていただいている自分がいる、ということへの感謝の思いを大切にしたいと思います。祈り・祈られる関係の中で、私たちが祈りの花束を満開にできれば、どんなにすばらしいことでしょうか。

教区主教

 

あけぼの2018年6月号