教区報

主教コラム - ほそ道からの記事

ほそ道から 第11回「3.11 心に留める」

今年も3月11日が近づいてきました。あの日から満8年がたち、9年目に入ろうとしています。

 

私はあの時、この地にはいませんでしたが、名取川を遡上する津波、押し寄せる並みの前を逃げるように走る車。ヘリから撮影された映像をリアルタイムで、固唾を呑んで見ていた自分がいたこと、この地の人々はどうなるんだろうと青ざめていたことを、今でもしっかりと覚えています。

 

 

この私たちの「覚えている」という行為は、とても大切なことだと思います。新約聖書の中でもしばしば使われていますが、「思い出す」「思い起こす」「心に留める」とも訳されている言葉です。

 

ヨハネ2:22に「イエスが死者の中から復活されたとき、弟子たちは、イエスがこう言われたのを思い出し、聖書とイエスの語られた言葉とを信じた」と記されています。イエス様のことは、聖書の御言葉を思い出す・覚える・心に留めることによってのみ、理解できるようになるのでしょう。学者はこのことを、「教会は歴史と伝承に結びついているゆえ、『思い出す』は基本的なことである」と言っています。理屈っぽくなってしましました。

 

 

 

今年は教区内10箇所の教会で、「東日本大震災8周年記念の祈り」が持たれます。また管区事務所にご協力をいただいて、日本聖公会のすべての教会に、この祈りの集いに参加していただきたいこと、あるいは各々の場で、「同じ時 想いを一つに 皆で祈りを」献げていただきたいと呼びかけています。

 

今年も3月11日には「同じ時 想いを一つに 皆で祈りを」を合言葉に、大震災の事実を覚え、思い起こし、今なお、体と魂に痛みを負っておられる方々に心を留めたいと思います。

 

教区主教 ヨハネ 吉田 雅人

 

※お祈りの式文はこちらからダウンロードできます。

ほそ道から 第10回「名は体を表せるか!?」

 昨年11月22~23日に開催された教区会で、「日本聖公会東北教区業務組織及び業務分掌規程」が全面的に改定されました。なかなか堅苦しい議案名ですが、要は教区にある様々な委員会の働きを整理して、決議機関と執行機関の関係を明確にし、スムーズな運営ができるようにしようというねらいです。

 

 その結果として、一部の委員会や部の名称が変更されました。その中でも教区の皆さんに目に付くのは、「教務所」が「教区事務所」に変更されたことではないかと思います。名前が変わる。これは単に「教」と「務」の間に「区事」という語を挿入したに留まるわけではありません。「名は体を表す」といいますが、まさにそのとおり、とても大切なことなのだと思います。

 

 

Circumcision of Jesus by Albrecht Dürer

 1月1日は、現在の教会暦では「主イエス命名の日」と言いますが、『1549年英国聖公会第一祈祷書』以来、「受割礼日」と呼んでいました。つまりイエス様が創世記17・9以下やレビ記などの律法に従って、神による繁栄の約束のしるしである「割礼」を受けられたことを大切にしていたわけです。それに対して「命名日」と呼ぶようにしたことは、マタイ1・23にあるように「神は我々と共におられる」や、イエスのヘブライ名「ヨシュア」の意味である「神は救い」を大切にしようということだと思います。

 

 私たちが洗礼を授けられた時、戸籍上の名前の前に、「洗礼名」をいただきます。これは、新生の命をいただいて、洗礼名のような生き方をして欲しいという希望もこめられているのでしょう。

 

 

 では「教会」という名称はどうでしょうか。単に「何かを教える会」ではなく、私たちがイエス様を主と仰ぐ限り、「神は我々と共におられる」ことを互いに分かち合い、体験できる共同体でありたいと思います。

教区主教 あけぼの2019年2月号

ほそ道から 第9回「居場所としての教会」

 10月22日(月)から25日(木)までの4日間、李 贊熙司祭・赤坂有司常置委員長と共に大韓聖公会テジョン教区をお訪ねしてきました。

 

 今回の訪問の目的は、9年間にわたって宣教協働者として東北教区で働いてくださっている李贊煕司祭を快く派遣してくださったことへの御礼と、両教区の今後の交流について意見を交換することでした。

 

 

大韓聖公会大田教区主教座聖堂

大韓聖公会大田教区主教座聖堂

 両教区の今後の交流について、ユ・ナクジュン主教様は、現在は教区間の交流だけれども、将来的には教会間の交流や人的交流が望ましい、との見解を示されました。そして最初は青少年の交流とかから始めるとよいのではないかとのことでした。それについては、明確なお答えはできませんでしたが、来年度以降、東北教区としても具体的な交流を計画できればと思います。

 

 さて、このような協議のほか、ユ主教様は私たちに社会宣教の実際を見せてくださいました。「ナヌメチップの家」と呼ばれる働きですが、一つは登校拒否等になっている中高生の支援活動。もう一つは繁華街にある市の青少年センターで、高校生以上の青年男女にたまり場を提供する働きです。これらはいずれも短期または長期の宿泊も可能で、つらい思いをしている彼らが安心して居ることのできる支援をしているそうです。

 

 

 

教会というのは、ある意味で「居場所」かもしれませんね。様々な場から集められた私たちが、御言葉と聖餐に養われ、この交わりの中に居ていいんだよ、と言っていただきました。それは私たちにとって、「安心して居ることのできる居場所」です。

 

 

 この一週間、あまり他の人とお話しする機会のなかった方が、「元気だった?」と声を掛け合い、気兼ねなくおしゃべりができる場、思いを分かち合える場、そんなホッとできる場でありたいと思います。

 

教区主教 あけぼの2018年12月号

ほそ道から 第8回「教会って何?」

 9月16日(日)から17日(月)の2日間、若松諸聖徒教会を会場に宣教部主催の教区修養会が開催されました。今年の修養会のテーマは「教会って何?」という、私たちの原点を探るものでした。
 

 

 お気づきになっておられる方もおられると思いますが、今の祈祷書の「教会問答」は「教会とは何ですか」という問いから始まります。それに対して前の文語の祈祷書(1959年祈祷書)の公会問答は、「あなたの教名は何といいますか」で始まっていました。
 

 これは大きな違いです。といいますのは、『1959年祈祷書』では教会(公会)は自明のことと考えていたようで、私と神様との関係に重点を置いていました。それに対して今の祈祷書は「教会とは何か」という問に対して、「主イエス・キリストにあって神に生きるすべての人の集まりで、神の家族、キリストの体」と答えます。私と神様との関係はもちろん大切ですが、その私は、キリストを頭とする肢体であり、キリストの体である教会を構成する大切な一人なのです。つまり個としての私は教会共同体の構成メンバーでもあるのです。
 

 

 

教会って何? 「部分が互いに配慮し合っています。一つの部分が苦しめば、すべての部分が共に苦しみ、一つの部分が尊ばれれば、すべての部分が共に喜ぶのです。あなたがたはキリストの体であり、また、一人一人はその部分です。」

(コリントの信徒への手紙Ⅰ 12・25~27)

 

 

 修養会の詳しい報告は『あけぼの』紙上でもあると思いますが、参加者は5つのグループに分かれて、「教会とは何か?どのような場なのか?」ということについて、作業手順に従って思いや考えを分かち合いました。
 

 結論が出たわけではありませんし、今後の課題なのですが、少なくとも教会は、「互いに配慮しあい、共に苦しみ、共に喜ぶ共同体」でありたいと思います。

 

教区主教 あけぼの2018年11月号

ほそ道から 第7回「経験したことのない?」

 今年は「今まで経験したことのない〇〇」という枕詞が、大雨や台風、地震などの自然災害を形容する言葉として使われています。確かに今までは9月に入ると、「二百十日」とか「二百二十日」といって、台風の季節を迎えていました。

 

 1959年に愛知県と三重県に甚大な被害をもたらせた伊勢湾台風の時には、寝ていた部屋の蛍光灯が点滅しながら揺れて、とても怖かったことを思い出します。潮岬に上陸した時も930mbだったそうですから、その大きさは想像を絶するものでした。しかし、その3年後の1961年9月に高知県室戸岬に上陸した第2室戸台風は925mbだったそうで、昭和30年頃から40年にかけては、結構毎年のように大きな台風が上陸しています。
そうしますと、「今まで経験したことのない〇〇」という枕詞は、余り正確な表現ではないことになります。とはいえ、この表現は2012年6月に気象庁が用い出したのだそうで、「重大な災害が差し迫っている場合に一層の警戒を呼びかけるため、使用される表現」なのだそうです。

 

 

 ということは、どのような大災害であっても、私たちは忘れてしまう存在であることを前提としているのです。確かに6月に行なわれた「第1回被災地巡りツアー」で名取市閖上の日和山を訪れたとき、慰霊碑と記された石碑が横たえられていました。その一つに過去の津波のことが刻まれていたのですが、ほとんど省みられることはなかっ

被災地巡りランチツアー

震災慰霊碑「芽生の塔」

たそうです。震災慰霊碑「芽生の塔」へ移動し、祈りを捧げました。この芽生の塔の先端の高さは8.4m、押し寄せた津波の高さになっています。

 

 もちろん私たちは、経験したすべてのことを記憶に留めておけるわけではありません。忘れられるから生きていけるという側面もあるでしょう。けれども私たちの人生・信仰にとって、忘れてはならないことを、しっかり意識して生きていくことが大切なのではないでしょうか。

 

教区主教 あけぼの2018年10月号