お知らせ

お知らせ - 諸行事の記事

聖職按手式が執り行われました

6月15日土曜日、東北教区聖職按手式が執り行われ、渡部拓執事が司祭に按手されました。
あいにくの天気(「喜びの涙」と表現されている方もいました)の中でしたが、東北教区14年ぶりの新司祭誕生に約180名の信徒・聖職が駆け付け、与えられた恵みを一同に感謝、分かち合いました。

 

按手式後の祝会では先輩聖職や母教会の信徒などたくさんの方々から、お祝いの言葉やお祝い品が贈られ、あたたかな時となりました。

 

一日黙想会開催のご案内

奉仕職養成委員会より、一日黙想会の案内です。

 


 

奉仕職養成委員会では仙台市内の静かな修道院を会場として、祈りと黙想ん一日を過ごそうと計画しました。参加者それぞれの、自分の思いを振り返りながら、恵みの一日を過ごすことが出来ればと思います。その中で、それぞれの黙想をし、また「教会の働き手、聖職、牧師とは何か?」等の講話も行います。皆様のご参加お待ちしています。

 

日  時:2019年7月26日(土)午前10時~午後3時まで
場  所:聖ウルスラ修道会一本杉修道院  仙台市若林区一本杉1-2
費  用:1,000円(事務費、昼食費)
持ち物:聖書、祈祷書、黙想に使用したい書籍等(あれば)
申込締切:7月22日(月)

 

申し込み、お問合わせは山形聖ペテロ教会・涌井司祭(電話:023-622-7328 もしくは郵便:〒990-0044 山形市木の実町9-22 山形聖ペテロ教会 司祭涌井康福)までお願いいたします。

 

また、会場は駐車スペースが少ないので、なるべく公共交通機関(最寄り駅:市営地下鉄東西線 薬師堂駅)をご利用ください。

 

奉仕職養成委員会

東北教区青年キャンプ開催ご案内

東北教区教育・保育グループ主催「青年キャンプ2019」が、8月10~12日、盛岡の聖パウロ幼稚園を会場に開催されます。
詳細やお申込みに関しては続報をお待ちください。

 


 

主の平和がありますように。
聖霊降臨日を迎え、また東北教区に新たな司祭が与えられようとしている今、主のみ業、お恵みをより豊かに感じておられることと思います。
さて、今年度から発足しました教育・保育グループでは、初の大型プログラムとして8月10日から12日にかけて青年キャンプを開催いたします。このキャンプは、東北教区では久しぶりに青年層のみを対象としたプログラムとして、今後より豊かな青年活動が行えるようにと願い、青年が相互に”顔のみえる関係”を築くことを主目的としています。
開催概要や申込については追ってお知らせしますが、今回は、先ずは予定を空けていただくための第一報として、ポスターを掲示していただきたくお送りする次第です。またあわせて青年層のみなさんへのお声掛けもお願いできれば幸いです。
教区青年層活性化のために、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

東北教区教育・保育グループ リーダー 司祭 八木 正言

 

ポスターイメージ

『脱原発のドイツに学ぶ』公開講演のご案内

5月28〜31日、仙台市を会場に日本聖公会原発のない世界を求める国際協議会実行委員会主催の「原発のない世界を求める国際協議会」が開催されます。
各教区の代表者、また世界各国の聖公会の代表者が集っての協議会ですが、その中のプログラムのひとつ、ミランダ・シュラーズさんによる講演『脱原発のドイツに学ぶ』はどなたでもご参加いただけます。
会場は仙台基督教会、申し込み不要です。
詳細は下記チラシをご覧ください。

 

M-Schreurs_speech

「リードオルガンの調べ」開催のご案内

5月25日土曜日、磯山聖ヨハネ教会を会場に「リードオルガンの調べ」が開催されます。
110年以上前に製作されたリードオルガンを演奏に使用いたします。
詳細は下記チラシをご覧ください。

 

isoyama_concert