教区報

教区報「あけぼの」巻頭言 - だいじに・東北の記事

「『特別活動』から 日々の祈りと働きへ -これからもだいじに・東北」 2015年5月号

 「いっしょに歩こう!プロジェクト」の2年間、「だいじに・東北」の2年間、計4年間にわたって東日本大震災被災地において奉仕された方々、訪ね祈り、多くのものを捧げてくださった方々の数は数え切れません。また国内外各地で被災地を思い続け、奉仕と祈りを続けられた方々の数はさらに多く、心からの感謝を申し上げます。同時に、被災地にある教区・教会として、どれだけのことが出来たかという点では、申し訳なく恥ずかしく思います。しかしご承知の通り、極めて支援活動や社会的な視点をもった活動に疎く、行動力の乏しいわたしや東北教区の限界をはるかに超えて、各教区から多数のスタッフが「いっしょに歩こう!プロジェクト」に参加し、また「だいじに・東北」でも、お二人の専任スタッフ、事務長として松村豊さん(東京教区・聖アンデレ教会信徒)、支援室長補佐として福澤眞紀子さん(東京教区・聖マーガレット教会信徒)が大きな力となってくださいました。東北教区信徒の活動への参加も、地道に、しかし止まることなく続いてきました。それも大切なことであったと思います。

 

 「だいじに・東北」も計画通りこの5月末をもって終了します。しかし「終わるけど・終わらない」のです。今年の3月11日、大震災4周年の記念礼拝の際に配布された東北教区のパンフレットは、「これからも・だいじに 東北!」となっています。大きな予算を与えられ、専任・専従のスタッフを置き、事務所を構え、多くの台数の車を保持して運用するような意味での「特別活動」は終わります。しかし被災地の労苦は決して終わってはいませんし、それどころか原発事故からの避難生活が長期化する多くの方たち等、困難さと労苦が増し加わっているようにさえ思います。そういう中で終わりはありません。「特別活動」は終了しますが、被災地にある教区・教会としてわたしたちの日常、宣教、祈りの事柄として大震災を覚え続け、祈り続け、また可能な働きを続けていきます。

聖クリストファ幼稚園礼拝 4周年を迎えた3月11日、東北教区全教役者も集まり、ゲストもお迎えした主教座聖堂・仙台基督教会での記念礼拝だけではなく、各地の教会、幼稚園・保育園でも記念の祈りが捧げられていました。例えば、仙台の聖クリストファ幼稚園では、120人もの園児やその家族、教職員、信徒らが集まって祈りと黙想が捧げられました(司式・笹森伸兒司祭)。同幼稚園ではその前にも「いっしょに歩こう!プロジェクト」のDVDを、日曜学校と園児保護者向けに2度上映する機会が設けられており、関心はむしろ高まってきているようです。そのようなこと、東北教区の各教会、諸施設の日常の中で、いつも覚え続けていくようなことが、これから本当に大切なのではないかと思っています。

 大きな災害や多くの人の犠牲、悲しみは東日本大震災だけではありません。各地において、教会や関連施設は、それぞれの地域の課題を担い、覚えて祈り、働いておられることと思います。東北教区もその中にあって、大きな苦難を抱く地域にある教区として、主の御心を祈り求め、歩み続けてまいります。どうぞこれからもお祈りください。

主教 ヨハネ 加藤 博道

 

 

あけほの2015年5月号
(写真は3月11日に行なわれた聖クリストファ幼稚園の礼拝)

「共 生」2015年3月号

 「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。」創世記の神様の創造の一節で、少しでも聖書に触れたことのある人なら知っている箇所であると思います。聖書におけるこの創造の一節を、私はこれまであまり気に留めたことはありませんでした。しかし震災の経験と、神学校において、様々な神学に触れるうちに、創造における人のあり方というものについて、思い悩むようになっていったのです。

 

 東日本大震災と津波は、本当に大きな物的・人的被害をもたらしました。その地震と津波による直接の被害ももちろんですが、同様に衝撃を受けたのが福島第一原子力発電所の事故と、その後の放射性物質による汚染でした。地震と津波の脅威が去った後でも残り続ける目に見えない脅威。そして、自然界への影響を考えると、その被害の大きさは想像も出来ません。

 

 そしてこれらの出来事がきっかけとなり、「すべてを支配せよ」という聖書の言葉が、大きな違和感と共に私に迫ってきたわけです。地震という自然の前に為す術も無い人間。あまつさえ、自らが生み出した技術に首を絞められている人間。そんな存在が自然を「支配する」とは、悪い冗談のように感じました。

 

  このようなことがあったので、私の卒業論文のテーマが「創造論」となったことは、自然なことであったように思います。そしてその中で私は、常々違和感を覚えていた創世記の「支配する」ということについて調べました。するとこの言葉を、人間は自然を支配するように神から言われていると受け取り、産業や自然開発への大義名分として解釈され、使われていた時代が続いていたこと。特に日本に於いては、この考えが特に強調されて伝わってしまっていることが分かりました。

 

主はわが牧者 しかし勉強を続けていくと、近年この「支配」という言葉は、「管理」するといった意味や、羊飼いが羊を「牧する」といった意味が強く、好き勝手に支配することでは無いという研究が主流であることも分かったのです。つまり創世記のこの一節の本来の意味は、支配では無く、神様が創造された世界を、責任を持って「管理する」ということであるということです。ですが私は、この「管理」という言葉にも、まだどこか人間が上に立っているような印象を受け、違和感を覚えました。そんな時に目にとまったのが、詩編百四編を扱った研究です。

 

 その研究によると詩編百四編の中では、人間もほかの動物や被造物も同列に扱われており、世界の秩序は「共生」によって成り立つものとして描いていると言っていたのです。この考えは私に、「人間に与えられた世界での立ち位置というものは、世界に対して羊飼いのように世界によりそい、共生するということになるのではないか。そして人間は世界と「共生」するために、少し優れた知恵を与えられているのではないか?」という考えに私を導きました。

 

 こう考えるようになってから、この問題についての見方が、自分の中で少し変わったことを感じています。地震などの自然を前に、人間は多くの部分で何もできませんし、それを止めることもできません。しかしながら、過去の教訓と普段からそれらに対しての知恵をつけることによって減災することが出来るということも事実です。このことは、人間がその知恵を用いて、世界と共生することが出来ることを示しています。

 

 そしてそうであるならば、震災を経験した者として、私たち教会には、「その犠牲と記憶を永遠に知恵として伝え、想起していくこと。」そしてまた、この地上で起こっている問題に関して、「世界と全ての生命が共生するために、神と聖書によって立つ者として『知恵』を発信していくこと。」これらのことが私たちへの道の一つとして、示されているのではないでしょうか。

 

 

あけぼの 2015年3月号より

聖職候補生 パウロ  渡部  拓

「『それでも…』は希望の言葉」2014年11月号

あけぼの11月号1ページイラスト 「ヨブの三人の友人が、ヨブの友人たり得たのは、この最初の一週間だよね」。

 大学院時代、ヨブ記をテーマにしたゼミでの恩師の言葉です。

 

 ご存知の通り、旧約聖書のヨブ記は、「無垢な正しい人で、神を畏れ、悪を避けて生きていた」(ヨブ記1:1)ヨブに、ある日突然、次から次へと災難・不幸が襲いかかることが記されており、神が正義であるなら、なぜ正しい人が苦しまねばならないのかをテーマにした書物です。そして、その内容の大半は、「ヨブにふりかかった災難の一部始終を聞くと、見舞い慰めようと相談して、それぞれの国からやってきた」(同2:11)三人の友人とヨブとの討論で構成されています。

 

 三人の友人は、次から次へと災難が起こった理由・根拠について推測、ヨブにこれを語ります。それは、当初はヨブの苦しみを思い、おそらくは苦しみの理由を明らかにすることでヨブを立ち直らせたいという善意からの問いであり、また諭しであったのだろうと思われますが、純真無垢のヨブからすれば、語られる内容以前に、そのような理由付けが、より彼を困惑させたであろうことがうかがわれます。そしてヨブがそのような態度を示せば示すほど、それを頑なな態度と受けとめた三人の友人の語りはエスカレートしていきます。

 

 さて、三人の友人がそのような諭しを始める前、彼らはヨブの現状に語る言葉をもたなかったことが聖書には記されています。「彼らは七日七晩、ヨブと共に地面に座っていたが、その激しい苦痛を見ると、話しかけることもできなかった」(同2:13)と。

 

 そこで冒頭の恩師の言葉です。つまり、ヨブの苦しみを共に担いたい、慰める「友」でいたいとの思いで駆けつけた彼らはしかし、ヨブの現状に話しかけることもできず、七日七晩、ただ傍らに一緒に座ることしかできなかった、それが三人がヨブにとって友人たり得た時間だったというのです。

 

 語る言葉をもたず、ただ傍らにいるしかないのが真の友人?この日以来、私は「共感」とは何かを思い巡らしてきました。「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣く」など人間にできることなのだろうかと。「共感共苦」は、確かに耳には聞こえのいい言葉ではあるけれど、人が人と真に同じ感情をもつことはできるのだろうかと。

 

 正直に告白すれば、私の答えは「できない」ということになります。それはパウロの言葉を否定したいのではなく、またそれを諦めているわけでもありません。ただ、たとえ家族や恋人同士であっても、別人格の人と人が完全にアイデンティファイ(自己同一化)することはできないという意味においてそう思うのです。しかし、苦しみの最中にある愛する人を思い、何とか力になりたい、何とか励ましたいのにそれができない、語る言葉を持たないという自らの悲しみと、苦しみの最中にある人の悲しみはリンクする、そこで思いを共有することは不可能ではない、今は「共感」をそんなふうに捉えています。

 

 その意味で「共感」は、自分は本当に愛する人に寄り添えているのだろうか、他に何か方法があるのではないだろうかと正回答のない問いに悶々とし、しかしそれでも一歩踏み出し続けることではないだろうか、そう思っています。そしてそれこそが、共に重荷を担い、完全なる共感を果たすことのできるキリストの御跡を踏むことなのではないだろうかと。  そんな「揺れ動き」を受け容れつつ、それでも「前」を向いて生きる歩みを、「だいじに」していきたいと願っています。

 

 

あけぼの 2014年11月号より
司祭 ヨハネ 八木 正言